ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

source: OpenPNE/trunk/setup/OpenPNE_Upgrade.html @ 1480

Last change on this file since 1480 was 1480, checked in by takanashi, 14 years ago

セットアップドキュメントの修正

  • Property svn:eol-style set to LF
  • Property svn:keywords set to Id Date Author Rev URL
File size: 3.6 KB
Line 
1<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
2<html>
3<head>
4<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
5<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
6<title>OpenPNE アップグレードガイド</title>
7<style type="text/css">
8<!--
9body {
10  background-color: #fff;
11  color: #000;
12  margin: 0px;
13  padding: 1em;
14  padding-right: 2em;
15}
16h2 {
17  margin: 1em 0 1em;
18}
19p.caution {
20  margin: 1em;
21  padding: 0.8em;
22  border: solid 1px #f63;
23}
24pre {
25  margin: 0.5em;
26  padding: 1em 2em;
27  background-color: #eee;
28}
29dl {
30  margin: 1em;
31}
32dt {
33  font-weight: bold;
34}
35dd {
36  margin: 0 0 0.5em 1em;
37}
38table {
39  margin: 1em;
40  border-collapse: collapse;
41}
42th {
43  background-color: #ddd;
44}
45th, td {
46  padding: 5px 10px;
47  border: solid 1px #000;
48}
49var {
50  color: #c33;
51}
52-->
53</style>
54</head>
55
56<body>
57
58<h1>OpenPNE アップグレードガイド</h1>
59
60<p>最終更新日: 2006/12/31</p>
61
62<h2>目次</h2>
63<ul>
64<li><a href="#section0">0. はじめに</a></li>
65<li><a href="#section1">1. 手順</a></li>
66<li><a href="#section2">2. 作業方法</a>
67  <ul>
68  <li><a href="#section2-1">2-1. コンバートSQLの実行</a></li>
69  <li><a href="#section2-2">2-2. ソースコードの置き換え</a></li>
70  <li><a href="#section2-3">2-3. 設定ファイルの変更</a></li>
71  </ul></li>
72</ul>
73
74<hr>
75
76<h2 id="section0">0. はじめに</h2>
77
78<p>この文書は、OpenPNE バージョン2.4.* から バージョン2.6へのアップグレード手順を書いたものです。</p>
79
80<h2 id="section1">1. 手順</h2>
81
82<p>アップグレードは以下のような手順で進めます。</p>
83
84<ol>
85<li>コンバートSQLの実行</li>
86<li>ソースコードの置き換え</li>
87<li>設定ファイルの変更</li>
88</ol>
89
90
91<h2 id="section2">2. 作業方法</h2>
92
93<h3 id="section2-1">2-1. コンバートSQLの実行</h3>
94
95<p>
96<b>注意</b><br>
97PNEBIZ/PNEPOINTのテーブルを作成していなかった場合はこれらを作成するSQLを実行してください。<br>
98(これらの機能を使用しない場合でもテーブルは必須となります)<br>
99setup/sql/upgrade/pnebiz-mysql4*.sql及びsetup/sql/upgrade/pnepoint-mysql4*.sql<br>
100ご使用のMySQLにあったスクリプトを実行してください。<br>
101<pre>
102$ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; pnebiz-mysql4*.sql
103$ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; pnepoint-mysql4*.sql
104</pre>
105
106
107その後バージョン2.6へのアップグレードスクリプトsetup/sql/upgrade/upgrade-2.4to2.6-mysql4*.sql を実行します。<br>
108<pre>
109$ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; upgrade-2.4to2.6-mysql4*.sql
110</pre>
111</p>
112
113
114<h3 id="section2-2">2-2. ソースコードの置き換え</h3>
115
116<p>サーバ上に OpenPNE 2.6 のソースファイルを設置します。<br>
117詳しくは、「<a href="./OpenPNE_Setup.html">OpenPNE セットアップガイド</a>」を参考にしてください。<br>
118※新旧ソースファイル混在によるトラブルを防ぐため、上書きはせずソースコード全てを交換してください。<br>
119交換後はvarディレクトリの書き込み権限を適切なものに変更してください。<br>
120</p>
121
122<h3 id="section2-3">2-3. 設定ファイルの変更</h3>
123
124<p>OpenPNE 2.4 の設定ファイルを参考にして 2.6 用の設定ファイルを作成します。</p>
125
126<p class="caution">PHPの設定でセーフモードが有効な場合は、MAIL_SET_ENVFROM を false に設定してください。</p>
127
128
129<hr>
130<p>以上でアップグレード作業は完了です。</p>
131
132</body>
133</html>
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.