ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changeset 6820


Ignore:
Timestamp:
Apr 29, 2008, 4:33:07 AM (11 years ago)
Author:
ebihara
Message:

#2304:アップグレードガイドを2.12向けに更新

  • PostgreSQL のアップグレード手順の追加
  • 「2-4. アップグレードスクリプトの実行」を削除
  • 「2-3. 設定ファイルの変更」において、config.php.sampleの変更内容の概要を記述するようにした
File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • OpenPNE/trunk/setup/OpenPNE_Upgrade.html

    r4824 r6820  
    4747  border: solid 1px #000;
    4848}
     49td ul {
     50  margin: 0;
     51}
    4952var {
    5053  color: #922;
     
    6265<h1>OpenPNE アップグレードガイド</h1>
    6366
    64 <p>最終更新日: 2007/12/20</p>
     67<p>最終更新日: 2008/04/29</p>
    6568
    6669<h2>目次</h2>
     
    7477    <li><a href="#section2-1-1">2-1-1. MySQL 4.1 以降 (5.x 含む) の場合</a></li>
    7578    <li><a href="#section2-1-2">2-1-2. MySQL 4.0 の場合</a></li>
     79    <li><a href="#section2-1-3">2-1-3. PostgreSQL 7.4.x 以降 の場合</a></li>
    7680    </ul></li>
    7781  <li><a href="#section2-2">2-2. ソースコードの設置</a></li>
    78   <li><a href="#section2-3">2-3. 設定ファイルの変更</a></li>
    79   <li><a href="#section2-4">2-4. アップグレードスクリプトの実行</a></li>
     82  <li><a href="#section2-3">2-3. 設定ファイルの変更</a>
     83    <ul>
     84    <li><a href="#section2-3-1">2-3-1. OpenPNE2.12で追加された項目</a></li>
     85    <li><a href="#section2-3-2">2-3-2. OpenPNE2.12で変更された項目</a></li>
     86    <li><a href="#section2-3-3">2-3-3. OpenPNE2.12で削除された項目</a></li>
     87    </ul></li>
    8088  </ul></li>
    8189</ul>
     
    8593<h2 id="section0">0. はじめに</h2>
    8694
    87 <p>この文書は、OpenPNE バージョン2.8.x から バージョン2.10.x へのアップグレード手順を書いたものです。</p>
     95<p>この文書は、OpenPNE バージョン2.10.x から バージョン2.12.x へのアップグレード手順を書いたものです。</p>
    8896
    8997<p class="caution">アップグレード作業を始める前に、データベースのバックアップを保存しておくことを強くおすすめします。</p>
     
    104112<h3 id="section2-1">2-1. アップグレードSQLの実行</h3>
    105113
    106 <p>使用している MySQL のバージョンに合わせて、アップグレードSQLを実行します。</p>
     114<p>使用している RDBMS に合わせて、アップグレードSQLを実行します。</p>
    107115
    108116<h4 id="section2-1-1">2-1-1. MySQL 4.1 以降 (5.x 含む) の場合</h4>
    109117
    110118<ul>
    111 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql41/upgrade/upgrade-2.8to2.10.sql</li>
     119<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql41/upgrade/upgrade-2.10to2.12.sql</li>
    112120</ul>
    113121
     
    116124<pre>
    117125$ cd setup/sql/mysql41/upgrade/
    118 $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; upgrade-2.8to2.10.sql
     126$ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; upgrade-2.10to2.12.sql
    119127</pre>
    120128</div>
     
    123131
    124132<ul>
    125 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql40/upgrade/upgrade-2.8to2.10.sql</li>
     133<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql40/upgrade/upgrade-2.10to2.12.sql</li>
    126134</ul>
    127135
     
    130138<pre>
    131139$ cd setup/sql/mysql40/upgrade/
    132 $ mysql -u username -p DBNAME &lt; upgrade-2.8to2.10.sql
     140$ mysql -u username -p DBNAME &lt; upgrade-2.10to2.12.sql
    133141</pre>
    134142</div>
    135143
     144<h4 id="section2-1-3">2-1-3. PostgreSQL 7.4.x の場合</h4>
     145
     146<ul>
     147<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/postgres74/upgrade/upgrade-2.10to2.12.sql</li>
     148</ul>
     149
     150<div>
     151<em>[実行例]</em>
     152<pre>
     153$ cd setup/sql/postgres74/upgrade
     154$ psql DBNAME -U username -f upgrade-2.10to2.12.sql
     155</pre>
     156</div>
    136157
    137158<h3 id="section2-2">2-2. ソースコードの設置</h3>
    138159
    139 <p>Webサーバ上に OpenPNE 2.10 のソースファイルを設置します。</p>
     160<p>Webサーバ上に OpenPNE 2.12 のソースファイルを設置します。</p>
    140161
    141162<p class="caution">
     
    145166
    146167<p><var>OPENPNE_DIR</var>/var 以下に新たなディレクトリが追加されたので、書き込み権限の変更には特に注意してください。</p>
    147 <p>また、<var>OPENPNE_DIR</var>/bin/tool_send_dairy_news.cron のファイル名が tool_send_daily_news.cron に変更されたので、サーバの cron の設定もあわせて変更してください。</p>
    148168
    149169
     
    153173<h3 id="section2-3">2-3. 設定ファイルの変更</h3>
    154174
    155 <p>OpenPNE 2.8 の設定ファイルを参考にして 2.10 用の設定ファイルを作成します。</p>
    156 <p><var>public_html</var> のディレクトリ名を変更している場合は、 <em>OPENPNE_PUBLIC_HTML_DIR</em> を変更したディレクトリ名に書き換えてください。</p>
    157 
    158 <h3 id="section2-4">2-4. アップグレードスクリプトの実行</h3>
    159 
    160 <p>アップグレード用のPHPスクリプトを実行します。</p>
    161 <p class="caution">
    162 スクリプト実行前に、必ず 2-3. 設定ファイルの変更 で config.php の設定を済ませてください。
    163 </p>
    164 
    165 <h4 id="section2-4-1">2-4-1. 実行するスクリプト</h4>
    166 <ul>
    167 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/script/upgrade/upgrade01.php</li>
    168 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/script/upgrade/upgrade02.php</li>
    169 </ul>
    170 
    171 <div>
    172 <em>[実行例]</em>
    173 <pre>
    174 $ cd setup/script/upgrade/
    175 $ php upgrade01.php
    176 $ php upgrade02.php
    177 </pre>
    178 </div>
     175<p>OpenPNE 2.10 の設定ファイルを参考にして 2.12 用の設定ファイル(config.php)を作成します。</p>
     176<p>次表に掲げる設定ファイルの変更内容も参考にしてください。</p>
     177
     178<h4 id="section2-3-1">2-3-1. OpenPNE2.12で追加された項目</h4>
     179<table>
     180<tr><th>項目名</th><th>説明</th><th>備考</th></tr>
     181<tr><td><strong>OPENPNE_USE_HTTP_PROXY</strong></td><td>HTTPプロキシ使用設定</td><td>&nbsp;</td>
     182<tr><td><strong>OPENPNE_HTTP_PROXY_HOST</strong></td><td>プロキシのホスト名</td><td>&nbsp;</td>
     183<tr><td><strong>OPENPNE_HTTP_PROXY_PORT</strong></td><td>プロキシのポート番号</td><td>&nbsp;</td>
     184<tr><td><strong>OPENPNE_AUTH_MODE</strong></td><td>認証モード設定</td><td><ul><li>通常の認証モードは email モードです</li><li>外部認証は slavepne モードにすることで使用できます</li><li>pneid モードは今回新しく追加された認証モードです</li></ul></td>
     185<tr><td><strong>SLAVEPNE_SYOUTAI_URL_PC</strong></td><td>招待メールに記載するURL(PC版)</td><td>&nbsp;</td>
     186<tr><td><strong>SLAVEPNE_SYOUTAI_URL_KTAI</strong></td><td>招待メールに記載するURL(携帯版)</td><td>&nbsp;</td>
     187<tr><td><strong>SLAVEPNE_PASSWORD_QUERY_URL_PC</strong></td><td>外部認証時の「パスワードを忘れた方」のリンク先URL設定(PC版)</td><td>&nbsp;</td>
     188<tr><td><strong>SLAVEPNE_PASSWORD_QUERY_URL_KTAI</strong></td><td>外部認証時の「パスワードを忘れた方」のリンク先URL設定(携帯版)</td><td>&nbsp;</td>
     189<tr><td><strong>OPENPNE_ADMIN_CONVERT_URL</strong></td><td>管理画面でURL・小窓変換機能を使用するかどうか</td><td>従来通りの挙動(管理画面ではURL・小窓変換機能を使用しない)にしたい場合は、falseに設定してください</td>
     190<tr><td><strong>OPENPNE_IS_OPENID_SERVER</strong></td><td>OpenID サーバ(プロバイダ)となるかどうか</td><td>&nbsp;</td>
     191</table>
     192
     193<h4 id="section2-3-2">2-3-2. OpenPNE2.12で変更された項目</h4>
     194<table>
     195<tr><th>項目名</th><th>説明</th><th>変更点</th><th>備考</th></tr>
     196<tr><td><strong>_OPENPNE_IMG_ALLOWED_SIZE</strong></td><td>画像変換時に許可する解像度のリスト (幅x高さ)</td><td>'600x600' が追加された</td><td>この項目を変更しないとアルバム機能の画像が表示できなくなります。</td></tr>
     197</table>
     198<ul>
     199    <li>「mbstring設定」に mb_substitute_character() の関数コールが追加されました。携帯で表示することのできない文字は、この設定に従って変換されるようになります</li>
     200</ul>
     201
     202<h4 id="section2-3-3">2-3-3. OpenPNE2.12で削除された項目</h4>
     203<table>
     204<tr><th>項目名</th><th>説明</th><th>備考</th></tr>
     205<tr><td><strong>OPENPNE_USE_COMMU_MAP</strong></td><td>コミュニティに地図を表示するかどうか</td><td>この機能は小窓で実現するようになりました。コミュニティに地図を表示したくない場合は、管理画面のCMD設定からGoogleMaps小窓の使用設定を変更してください。</td>
     206<tr><td><strong>IS_SLAVEPNE</strong></td><td>外部認証を使用するかどうか</td><td>この設定は新しく追加された <strong>OPENPNE_AUTH_MODE</strong> に統合されました。 <strong>IS_SLAVEPNE</strong> を true にして運用していたSNSは、 <strong>OPENPNE_AUTH_MODE</strong> を slavepne にしてください。</td>
     207</table>
    179208
    180209<hr>
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.