ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Opened 12 years ago

Closed 12 years ago

Last modified 12 years ago

#1764 closed enhancement (fixed)

no-cacheヘッダを送信しない処理の追加

Reported by: ebihara Owned by: ebihara
Priority: critical Milestone: OpenPNE2.11.3
Component: その他 Version: 2.11.x
Keywords: Cc:

Description (last modified by ebihara)

■概要

source:OpenPNE/branches/work/maruyama/prj_page_cache で maruyama さんが実装されている、「no-cacheヘッダを送信しない処理の追加」の成果物をマージする。

ブラウザキャッシュにより例えばブラウザ側で戻るボタンを押した際に再読み込みが発生しないため、サーバへのリクエスト数が減り、サーバ負荷の軽減が見込める。また、ユーザー側にも再読み込みの待ち時間がなくなるというメリットがある。

■仕様

  • ブラウザキャッシュを適切に効かせるため、 no-cache ヘッダを送信しない処理を追加する
  • config.php から no-chache ヘッダを送信するかどうか設定できるようにする(OPENPNE_SEND_NO_CACHE_HEADER)
  • ブラウザキャッシュが効きやすい au 端末への対策として、au端末からのアクセスの場合は常に no-chache ヘッダを送信するようにする

■関連情報

Change History (10)

comment:1 Changed 12 years ago by ebihara

Owner: changed from nobody to ebihara
Status: newassigned

やります

comment:2 Changed 12 years ago by ebihara

Keywords: 確認中 added

r4889:4891で対応しました。ご確認ください。

comment:3 Changed 12 years ago by ogawa

Keywords: 確認中 removed

OpenPNE_Configで定義済みであれば、defined('SEND_NO_CACHE_HEADER')は冗長ではないでしょうか。

それと、「auの場合は常にno-cacheヘッダを送信するようにした」はconfig.php.sampleにも説明があってもいいかなと思いました。

comment:4 Changed 12 years ago by ebihara

なるほど、やります

comment:5 Changed 12 years ago by ebihara

Keywords: 確認中 added

以下の対応をおこないました。ご確認ください。

  • r4909 で冗長な defined('SEND_NO_CACHE_HEADER') の判定を削除
  • r4910 でconfig.php.sampleにau端末での挙動について記述しました
  • r4911 で定数名に OPENPNE_ というプレフィックスを付加しました

comment:6 Changed 12 years ago by ogawa

Keywords: 確認中 removed
Resolution: fixed
Status: assignedclosed

comment:7 Changed 12 years ago by ebihara

Description: modified (diff)

comment:8 Changed 12 years ago by ebihara

Description: modified (diff)

comment:9 Changed 12 years ago by ebihara

Description: modified (diff)

comment:10 Changed 12 years ago by ebihara

Description: modified (diff)
Note: See TracTickets for help on using tickets.