ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Opened 11 years ago

Closed 11 years ago

#3502 closed enhancement (fixed)

アップデートタスクの簡便化

Reported by: ebihara Owned by: ebihara
Priority: minor Milestone: OpenPNE3.0.2
Component: core Version: 3.0.x
Keywords: Cc:

Description

アップデートタスクの簡便化。

現在のアップデートタスクは非常に使いにくく、敷居も高い。指定も複雑でアップデート時のミスも充分に考えられるため、これを改善する。

Change History (7)

comment:1 Changed 11 years ago by ebihara

Owner: changed from nobody to ebihara
Status: newassigned

comment:2 Changed 11 years ago by ebihara

r10688 にて、オプションを指定することなく、 3.0.0 から 3.0.1 以上へのアップデートが可能になるように修正を加えました。

openpne:migrate という Doctrine_Migration の機能をフルに活用し、特別な指定をすることなくアップデート・ダウングレードが可能になるようなタスクを作ることで改善する計画を立てていましたが、 #3613 の影響により sfDoctrinePlugin が有効にならないことがある 3.0.0 時点の ProjectConfiguration? の状態で Doctrine_Migration に極度に依存したタスクを実行させてしまうのはトラブルが予想されます。

このため、 3.0.0 から 3.0.1 のアップデートを実行し、 ProjectConfiguration? が sfDoctrinePlugin 無効にしない状態になってはじめて、 openpne:migrate を用意するべきだと判断し、今回での根本解決は見送りたいところです(また 3.0.1 以降であっても、 3.4 まではそのまま残しておく方向で行くか、 openpne:migrate 時に sfDoctrinePlugin が無効になっている場合は警告を出し続行しない対応をおこないたいです)。

comment:3 Changed 11 years ago by ebihara

Milestone: OpenPNE3.0.1OpenPNE3.0.2

comment:4 Changed 11 years ago by ebihara

r10688, r10737, r10799, r10827, r10828, r10830, r10833, r10834, r10835 で実装しました。

ドキュメント等を揃え、 openpne:update を削除したら fixed とします。

comment:5 Changed 11 years ago by ebihara

Resolution: fixed
Status: assignedclosed
  • r10845, r10849 でドキュメントを作成しました。
  • r10851 で ./symfony help openpne:migrate 時のヘルプメッセージを詳細なものにしました。
  • r10852 で openpne:update タスクを削除しました。

comment:6 Changed 11 years ago by ebihara

Resolution: fixed
Status: closedreopened

対応が不充分です。 reopen します。

comment:7 Changed 11 years ago by ebihara

Resolution: fixed
Status: reopenedclosed

r10855 で opDoctrineMigrationProcess を作成しました。

Note: See TracTickets for help on using tickets.