検討中案件

  • OpenPNE2.8の次は3.0ではなくOpenPNE2.10とする
  • OpenPNE安定版マイナーバージョンアップ中はDB定義とconfig.phpディレクトリ構造を変更しない
  • メジャーバージョンアップでは2バージョンアップに1度DB定義変更をする(現在は1バージョンアップ毎)

設計



コーディングルール

  • 長くていいから、変数をしっかり書く
  • 全コードをもう一度書き直すモチベーションを維持する
  • スタイルについては 確かPEAR準拠にする

コア設計

MasterPNE

SlavePNE

ポイント実装


OpenPNEAPI

OpenPNEに用意するAPI

(OpenPNE内部の情報を外部に提供する)

OpenPNEAPIの方針

OpenPNEでは、APIを新規に作成する事よりも、なるべく既存のAPIの仕様を利用する方針をとります。

  • 理解しやすい
  • 十分にテストされている
  • すでにライブラリを作ってくれている
XMLRPC
RSS
  • OpenPNEの更新情報を認証付きRSS情報として配信


仕様案

ユーザーごとにカスタマイズされたRSSを取得する方法は

  • http://sns.example.com/?m=api&a=rss&t=friend_diary
  • HTTPS通信
  • メソッド GET
  • ベーシック認証でメルアド、パスワードを渡す

結果はRSS形式

OpenPNEが取りに行くためのAPI

RSS
  • 外部BLOG情報はRSSを通じて取得している
AmazonWebService?
  • 現在OpenPNEのレビューはAWSを通じて取得している
    • AWSプロトコルに合わせてくれれば、どんなレビューでもOpenPNEから取得できる
XMLRPC
  • OpenPNEブランクボックス(仮)用
  • メソッド案
    • エントリポイント
    • メソッド
      • POST
    • リクエスト形式
      • 呼び出し対象target_id 呼び出し元page_name
  • レスポンス書式
    • BODY(HTMLタグ)
    • サニタイズを行うかどうかは、サイト管理者が決定する。
    • デフォルトでは行う設定

上へ戻る