wiki:Flows
 ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

TOC

開発の流れ

安定版メンテナンスの流れ

OpenPNEの安定版メンテナンスの流れは以下の手順を踏むこととします。

バグ修正にご協力いただけると非常に助かります。

  1. ユーザーからバグ報告(一般Tracに新規チケット発行)が行われる
  2. 本線コミッタは毎日一般Tracをチェックし、一般Tracの報告を元に開発者Tracに新規チケットを発行する(このときOwnerはopenpneとする)
  3. バグ修正を行う開発者は、開発者TracのチケットのOwnerをopenpneから自分のIDに変更する
  4. 開発者は修正コードをデバッグブランチ(*1)にコミット(*2)し、チケットにデバッグ完了のコメントを記入する
  5. 本線コミッタはデバッグブランチにコミットされたコードをチェックする
  6. 本線コミッタはバグ修正内容、確認ポイントをOpenPNE.jpで周知する
  7. プロジェクト参加者(非開発者含む)でデバッグブランチの動作確認を行う
  8. バグの修正が確認されたら本線コミッタが開発者Trac/一般Tracのチケットをfixする
  9. 本線コミッタは修正コードをメンテナンスブランチ(*3)に受け入れる
  10. メンテナンスブランチをベースに安定版としてリリースする(3週ごと)
  11. リリースされた安定版バージョンを元に新規デバッグブランチを作成する

⇒1に戻る

(*1 デバッグブランチはhttps://trac.openpne.jp/svn/OpenPNE/branches/debug/以下に安定版のバージョンごとに置かれるものとする)

(*2 デバッグブランチにはバグ修正以外のコードをコミットしないこと)

(*3 メンテナンスブランチは安定版ソース管理のためのブランチであり、本線コミッタのみがコミットできるものとする)

注:旧安定バージョンに対するバグは脆弱性やクリティカルなものを除き原則として対処しない。

上へ戻る


OpenPNE本線の開発の流れ

OpenPNEの開発の流れは以下の手順を踏むこととします。

  1. OpenPNE.jp内のOpenPNE開発者コミュニティのトピックを元に開発項目を決定する
  2. 本線コミッタが仕様検討を行い、周知する
  3. OpenPNE.jpなどで開発者募集を行う
  4. 開発項目を担当する開発者をアサインする
  5. 開発者は各自のブランチでコーディングをする
  6. 開発者が作成したコードを本線コミッタがOpenPNE本線(trunk)へ受け入れる
  7. OpenPNE.jp及びテスト用SNS(構築中)は、随時trunk最新のソースコードが反映される
  8. 改変内容/確認ポイントをコミュニティに告知する
  9. プロジェクト参加者で動作確認を行う
  10. バグが取れたら開発版(アルファ版)としてリリース(毎週)

OpenPNE2.8の開発スケジュール

OpenPNE2.8の開発スケジュールは以下を予定しています。

  • 2007/01/05 一般tracで開発機能要望受付
  • 2007/01/XX ~~ 週末の定例MTGで議論 ~~
  • 2007/01/23 OpenPNE.jp内のOpenPNE.jp内OpenPNE開発者コミュニティで開発項目の選定開始
  • 2007/02/03 全開発項目の確定
  • 2007/02/XX 仕様作成開始←いまここ
  • 2007/02/17 仕様確定/周知
  • 2007/02/XX 開発者アサイン
  • 2007/02/XX ~~ 開発者が各自コーディングし、本線コミッタがtrunkに盛り込み ~~
  • 2007/02/XX 開発版2.7αXリリース(原則毎週金曜)
  • 2007/03/09 2.8β1リリース予定
  • 2007/03/16 2.8RC1リリース予定
  • 2007/03/23 2.8RC2リリース予定
  • 2007/04/01 2.8リリース予定

OpenPNE3.0への機能追加リクエスト

OpenPNE3.0への機能追加リクエストは一般向けtracから行ってください。
2.8への機能追加リクエストは終了しました。

(リクエスト募集期間 ~2007/5/5)

リクエスト登録手順は以下

  • ページ下部のLoginリンクをクリックし、ID/Passwordにそれぞれopenpneと入れる
  • 拡張要望・不具合報告登録はこちらをクリックしてチケット登録ページを開く
  • Your email or usernameにあなたの名前を、Short summaryに概要を、FullDescriptionに要望の詳細を記述する
  • Milestoneを「いつかどこかで」にして、Submitボタンをクリック

登録された機能要望の扱い

  • 機能要望投票期間に、OpenPNE.jp内のOpenPNE開発者コミュニティで盛り込んで欲しい機能のアンケートをとります
  • アンケート結果と開発リソースを元に本線コミッタで盛り込み項目の確定を行います
  • 検討の経過と結果(採用/却下)については各チケットのコメント欄に記入します
  • 3.0で盛り込むことが決まったチケットはMilestoneを「本線行き」に変更し、Status: closed にします。
  • 確定した盛り込み項目は盛り込み一覧で確認することが出来ます
  • 以後の開発情報の管理は開発者tracで行い、trunkに実装された時点で開発者tracもStatus: closed にします

上へ戻る


バージョン規則

※2.8リリースの例
2.7.1
↓
2.7.2
↓
2.7.5
↓
2.8Beta1
↓
2.8Beta2 → 2.8RC1(安定版Betaを無修正で安定版RC1とする)
              ↓
            2.8RC2
              ↓
            2.8RC3 → 2.8.0 (安定版RCを無修正で安定版リリースとする)
  • 2.6の反省を活かして2.8では新たにBeta期間を設ける
  • Beta→RC1/RC→リリース への推移はSNSオーナーのテスト結果を受けて行う
  • Beta1(リリース1ヶ月前)
    • フリーズ(confi.php,データベース定義,コア,ライブラリ)
  • RC1
    • フリーズ(ページアクション,テンプレート構造)
  • RC2
    • 一括でUPGRADEできるSQL文を提供する

上へ戻る


現バージョンの進行

バグ報告の受け入れフロー

パッチ、ブランチの取り込みフロー

Last modified 11 years ago Last modified on Mar 9, 2007, 11:02:12 AM