ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 39 and Version 40 of pne-book-11


Ignore:
Timestamp:
Mar 27, 2008, 10:16:44 AM (15 years ago)
Author:
tora
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-11

    v39 v40  
    232232
    233233=== 年配の方に見やすいデザインの工夫 ===
    234  パソコンに詳しくない人でも使いやすいように、大きなボタン、インパクトのある色遣い、一目で分かるアイコンの配置をデザインリニューアルの主軸におきました。【図】
     234 パソコンに詳しくない人でも使いやすいように、大きなボタン、インパクトのある色遣い、一目で分かるアイコンの配置をデザインリニューアルの主軸におきました。また、ボタン数を少なくして、別ページを設けることで、できるだけユーザーにシンプルに見えるように工夫しています。[[BR]][[BR]][[Image(http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/   [http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/?format=raw ?format=raw])]]
    235235
    236236=== 年配の方が使いやすいインターフェイスの工夫 ===
    237  ユーザインターフェイスをATMを意識した作りに仕上げまいした。通常のボタン表記を全て見直したのと同時に、ボタンを押すことでどうなるかわかりやすいように、ボタンの前にすべて説明文を付与しています。ボタン表記を検討する際には、できるだけボタン名を「動詞」にすることや、最後のボタンでない限りは「次へ」というの誘導を多く用いました。これ以外にも様々な工夫を「あみっぴぃ会談」という会議を毎週1回3ヶ月間にわたり行ったのです。【図】お楽しみページも図】
     237 ユーザインターフェイスをATMを意識した作りに仕上げまいした。通常のボタン表記を全て見直したのと同時に、ボタンを押すことでどうなるかわかりやすいように、ボタンの前にすべて説明文を付与しています。ボタン表記を検討する際には、できるだけボタン名を「動詞」にすることや、最後のボタンでない限りは「次へ」というの誘導を多く用いました。これ以外にも様々な工夫を「あみっぴぃ会談」という会議を毎週1回3ヶ月間にわたり行ったのです。[[BR]][[BR]][[Image(http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/   [http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/?format=raw ?format=raw])]][[BR]][[BR]][[Image(http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/   [http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/?format=raw ?format=raw])]]
    238238
    239239=== 年配の人が直感でできるようになるためのボタン配置 ===
    240   前述したとおり、分かっている人がSNSを教えるとついついよけいな情報までを伝えてしまいます。それは、親切心からそうしているので仕方のないことです。確実に、ひとりでできるようになってもらう教え方ができるように工夫を入れてみました。ボタンの順序を並び替えて「左から順にやっていけばできるようになりますよ」と伝えればいいようにしたのです。そうすることで、教える人は次の一歩だけを教えてあげて、後は余裕があったらやって下さいと言えるのです。習った側は最小限の情報だけを理解しますから、帰宅したらやってみようという感覚を作れますし、余裕があったら次に進んでみようという気持ちにもなってしまうのです。【図】
     240  前述したとおり、分かっている人がSNSを教えるとついついよけいな情報までを伝えてしまいます。それは、親切心からそうしているので仕方のないことです。確実に、ひとりでできるようになってもらう教え方ができるように工夫を入れてみました。ボタンの順序を並び替えて「左から順にやっていけばできるようになりますよ」と伝えればいいようにしたのです。そうすることで、教える人は次の一歩だけを教えてあげて、後は余裕があったらやって下さいと言えるのです。習った側は最小限の情報だけを理解しますから、帰宅したらやってみようという感覚を作れますし、余裕があったら次に進んでみようという気持ちにもなってしまうのです。[[BR]][[BR]][[Image(http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/   [http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-11/?format=raw ?format=raw])]]
    241241
    242242=== こんなカスタマイズで運営しています! ===