Changes between Version 52 and Version 53 of pne-book-11

Show
Ignore:
Author:
tora (IP: 202.238.80.53)
Timestamp:
03/27/08 17:52:39 (9 years ago)
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-11

    v52 v53  
    205205  「地域を活性化させるために地域SNSを導入しようと考えています」というお話を耳にする機会が良くあります。正直に言ってしまうと、活性化していない地域に導入してもその地域が活性化することはないと思います。あまり地域のコミュニケーションが活発でない地域で導入すると逆に寂しさがインターネットを使って強調されてしまいます。そのため、今度は、SNSをどうにか活性化させようと頑張ってしまうのです。これでは、地域だけでなくSNSまでも活性化しなくてはならず本末転倒です。しかし、活性化している地域に導入することで、さらに活性化させるということが可能なのです。まち作りにSNSを活用する場合はその特性をうまく生かした導入の時期や方法を十分に検討することで、非常に良い効果を発揮するはずです。 
    206206 
    207 === 7-2.「地域SNS=携帯電話」と心得よ === 
     207=== 「地域SNS=携帯電話」と心得よ === 
    208208 地域SNSに限ったことではありませんが、SNSはあくまでツールなのです。運営しているうちに忘れてしまいがちですが、何を達成する目的で作ったのかを必ず振り返るようにしてください。地域を活性化させるために立ち上げたのに、SNSを盛り上げることに苦心しているようでは、道具に使われているだけと言っても過言ではないでしょう。 
    209209 
    222222 
    223223=== あみっぴぃ誕生前夜 === 
    224  あみっぴぃを運営するNPO法人TRYWARPでは、大学生がパソコンを教えることを通して、大学生と地域住民の世代を超えた交流のきっかけ作りを目指しています。「まちで『こんにちは』と言える人を一人でも増やすきっかけを作ろう」を合い言葉に、パソコンの苦手意識解消のプロジェクトに取り組んでいます。その名も「パソコンプレックス大作戦」。40歳~70歳代の方でもこの時代になるまでパソコンを全く使う事のなかった方に大好評を頂いています。一番の人気講座は、「超入門コース」といって、半年間全20回のコースを卒業すると、クリックすらできなかった方が、パソコンをだいたい使えるようになるという画期的なコースなのです。 
     224 あみっぴぃを運営するNPO法人TRYWARPでは、大学生がパソコンを教えることを通して、大学生と地域住民の世代を超えた交流のきっかけ作りを目指しています。「まちで『こんにちは』と言える人を一人でも増やすきっかけを作ろう」を合い言葉に、パソコンの苦手意識解消のプロジェクトに取り組んでいます。その名も「パソコンプレックス解消大作戦」。40歳~70歳代の方でもこの時代になるまでパソコンを全く使う事のなかった方に大好評を頂いています。一番の人気講座は、「超入門コース」といって、半年間全20回のコースを卒業すると、クリックすらできなかった方が、パソコンをだいたい使えるようになるという画期的なコースなのです。 
    225225 
    226226 時は2005年。「こんにちは」を目指したパソコン教室の受講生と、先生である大学生の交流も活発になってきていました。受講生と大学生だけでなく、パソコン教室で初めて出会う受講生同士、受講後に通う近所の商店街の定食屋さんとの交流がどんどん広がっていたのです。ただ、パソコンを使えるようになるというもっとも基本的なところにTRYWARPでは問題を感じ始めていました。コース終了後は、確実にパソコンができるようになっているにもかかわらず、さらに半年たって年賀状の時期になると、できなくなっている卒業生がちらほら見受けられたのです。一旦はできるようになったものの、しばらく使わないうちにすっかり使い方が頭か抜けてしまっていたのです。パソコンを覚えるには繰り返しが大事。日々使い続けてこそ、スキルを維持できるのです。