ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 14 and Version 15 of pne-book-13


Ignore:
Timestamp:
Apr 16, 2008, 5:52:19 PM (12 years ago)
Author:
tatslight
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-13

    v14 v15  
    2626 ブログ感覚で気軽に立ち上げ可能なOpenPNEだけに一人で始める場合も多いことでしょう。最初のうちは、勢いや情熱だけでなんとかなるかもしれませんが、企画、運営、システム、デザイン等を継続して一人で行うのは至難の業です。いずれ思うようにいかず、手詰まり感を抱くようになるかもしれません。毎日5~10件くらい日記が継続的に書き込まれるようになってきたら、ちょうどいいタイミングでしょうか。思い切って運営メンバーを募集しましょう。1~3で下地作りができていれば、きっと誰かが手を挙げてくれるでしょう。募集方法は簡単です。例えば、管理画面から一斉メッセージを送信するかオフ会に参加してくれたコアユーザーに直接声を掛けてみてはいかがでしょうか。
    2727 さあ、メンバーが集まったら、キックオフミーティングを開いてはいかがでしょう。リアルでなかなか集まれない場合でも、スカイプ電話やTV会議システムを利用すれば、遠隔のメンバー同士でも簡単に打ち合わせが可能ですよ。運営メンバー専用のコミュニティを作成して、あえて非公開にせず、いつでも運営者の活動を見れるようにしてみてはいかがでしょうか。実際にはコミュニティの裏ではグループウェアが活躍していたとしても、コミュニティという形は親近感も沸きますし、興味を持ったユーザーが参加申請してくれるかもしれませんね。
    28 
    29 
    30 encafe運営コミュニティ「みんなの厨房」
    31 
    32 
    33  一斉メッセージの文章例
    34 
     28[[Image(http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-13/13-4.png?format=raw)]]
    3529
    3630== 5.全ユーザーの新着日記を表示 ==
     
    7266== 9.SNS間の連携 ==
    7367時には合同オフ会なんてのもお奨めです。毎回オフ会に参加しているコアメンバーにとっても新鮮なので満足度の高い会になりやすいです。集客も合同なら半分で済みます(笑)おまけに、合同オフ会となると相手のSNSの公式イベント欄やinformationに自分のSNS名が掲載されるので無料の広告にもなり、いいこと尽くしです。さて、合同オフ会が終わったら、参加者同士がスムーズに交流を継続できるように、姉妹コミュニティを作ってSNS同士をリンクしてみてはいかがでしょう。具体的には、SNS(A)がSNS(B)の中に、「(A)にも(B)にも入っている人」コミュニティを作り、一方、(A)の中には、「(B)にも(A)にも入っている人」を作ってもらうのです。そうして、外部のコミュニティとの連携・交流していけば、きっと今よりもっと賑やかなSNSになるでしょう。
    74 
    75 イメージ
     68[[Image(http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-13/13-9.png?format=raw)]]
    7669
    7770== 10.ユーザーにログインを促す ==
     
    8275== 運営を継続して楽しもう! ==
    8376 最後に運営を継続して楽しむための2つのコツを書いて終わりにしますね。1つ目は、運営者仲間と知り合いになろう!です。カテゴリーは違っても同じSNSの運営者同士、ずっと悩んでいたことが、ちょっと話をしてみると、同じようにな問題を抱えていたりして、安心できるかもしれないですね。そして、こんな工夫してるよといったアドバイスも交換し合えるといいですよね。「でも運営者ってどこにいるの?」という方は、やはりopenpne公式SNS( http://sns.openpne.jp/ )でしょう。毎週土曜に手嶋屋で開催されている勉強会なども毎回いろんな運営者さんと知り合えてお奨めですよ。2つ目は、好きなことをやろうです。SNSの運営は、思い通りにいかないことは多いですが、やっててよかったこともたくさんあります。一番は、運営していなければ出会えなかった多くの魅力的な方々との出会いです。どんなイベントを開催するか、どんなオフ会にするか、誰にインタビューするか等、運営者の自由度はとっても大きいのです。自分が思い入れをもって始めたSNSならなおさら、好きなことを好きなだけやるのが、息切れすることなく継続して運営し続けるコツではないでしょうか。さあ、今度はどんな楽しい企画をやりましょうか。
    84 [[Image(http://trac.openpne.jp/attachment/wiki/pne-book-12/taikai.jpg?format=raw)]]
    85 
    8677
    8778== encafeの紹介 ==