ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 24 and Version 25 of pne-book-7-note


Ignore:
Timestamp:
Feb 18, 2008, 6:30:19 PM (12 years ago)
Author:
Morth
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-7-note

    v24 v25  
    66
    77== OpenIDとは? ==
    8 == OpenPNE X !WordPress ==
    9 === 中見出し ===
    10 ==== 小見出し ====
    11 === 中見出し ===
    12 ==== 小見出し ====
    13 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    14 ==== 小見出し ====
    15 ==== 小見出し ====
     8[[Image(http://sc.pne.jp/200801011950.png,right)]]
     9OpenIDとは、URLの形式で構成されたIDで、このIDをエンドユーザーがひとつ取得していると、複数のOpenID対応サイトをひとつのIDで管理できるという大きな特徴があります。最新のOpenPNEでは、SNSの設定次第でSNS内のユーザーひとりひとりにOpenIDのアカウントを提供することができるため、OpenPNEと連携させることによって、SNS内部に留まらない新たなコンテンツづくりや情報共有など、OpenPNEの可能性を大きく広げることができます。
     10ここでは、OpenPNEと連携させることができるオープンソースソフトウェアを紹介していきます。なお、各ソフトウェアの基本的なインストールや、詳細な設定などは本稿では都合上取り上げることができないので関連書籍などをご参考ください。
    1611
    17 == 大見出し ==
    18 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    19 == 大見出し ==
    20 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    21 == 大見出し ==
    22 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
     12== OpenPNE X !WordPress ==
     13        === 活用事例 ===
     14        1. コミュニティ
     15                WordPressにはOpenIDのユーザーに様々な権限レベルを設定できるという大きな特徴を持っています。この特徴を活かしてOpenPNEとの連携では、コミュニティ専用の共同ブログを作って、他のSNSユーザーにもコミュニティの存在を知ってもらったり、新たなコミュニティ参加者を取り入れたりして、コミュニティの更なる活性化を目指すことができます。
    2316
     17        2. OpenPNE公式ブログ
     18                OpenPNE公式ブログ(http://www.openpne.jp/ )では、OpenPNE開発メンバーがOpenPNEに関する様々な情報をWordPressで更新をしていますが、この作業を行う際にOpenPNE公式SNSにある自分のOpenIDを利用してログインし、更新作業を実施しています。
     19               
     20                (SS:SNS側のニックネームSSとWordPressのニックネームがあるSS)
     21                SNS側で使用されているニックネームがWordPressでも同じものになります。
    2422
     23                OpenIDを導入してからは新規ID発行、パスワード設定の必要がなくなったため、アカウント管理が非常に簡単にすることができるようになりました。
     24                また、OpenID対応にしたことで、コメント投稿機能をOpenID認証制にすることでスパムコメントを排除することに成功し、ユーザーが公式ブログにコメントを付けることもでるようにもなりました。
     25                さらに、一度WordPressに(OpenIDで)ログインしたユーザーであれば、WordPressの管理者が権限レベルを変えることができるので、ユーザーから特別な記事を書いてもらい、それを公式ブログに載せるといったことも可能になります。
    2526
     27        次に、WordPressにOpenIDをインストールする手順を解説していきます。
     28=== インストール ===
     29        ==== はじめに ====
     30                本稿ではレンタルサーバーでWordPress本体のインストールが予め完了し、プラグインの追加をするところから話を進めていきます。なお、本稿執筆時(2008年2月)のWordPress本体の最新バージョンは2.3.3です。
    2631
     32                1. WordPressについて
     33                        WordPressには本家のWordPress日本語版、派生であるWordPressME等、複数のWordPress本体が存在しますが、本稿では本家のWordPress日本語版を使用します。WordPressMEでの動作保障はいたしかねますので、予めご了承ください。
     34                        両者の違いについて詳しく知りたい方はWordPress日本語版公式ページ(http://ja.wordpress.org/wordpress-ja-and-me/ )を調べてみてください。
    2735
     36                2. 初めての方へ
     37                                もし、まだWordPressを一度もインストールしたことがないという方は関連書籍または、関連Webページを参考にすることをお勧めします。そして、簡単に導入できるプラグインを試しに追加してみることをお勧めします。
     38
     39        ==== 1. プラグインの入手 ====
     40                今回使用するプラグインはWP-OpenIDというものです。まずこのプラグインを入手しましょう。WP-OpenIDのダウンロードページ (http://wordpress.org/extend/plugins/openid/ ) よりダウンロードします。本稿執筆時(2008年2月)の最新バージョンは2.1.4のものとなります。
     41        ==== 2. WP-OpenIDのインストールと設定 ====
     42                3-1 プラグインファイルのアップロード
     43                        まず、先程ダウンロードしたソフトを解凍ツール等を用いて解凍します。解凍して出来たディレクトリをFTPを用いてWordPressのインストールしてあるディレクトリ内の
     44                3-2 プラグインの有効化
     45                3-3 各種設定
    2846
    2947----
    30 
    31 
    32 
    33 
    34 ==== OpenPNE X OpenID ====
    35 ここでは、昨今Yahoo!や、はてな等でも採用されているOpenIDをOpenPNEで使用する際の活用方法を紹介していきます。
    36  * OpenIDとは?
    37 [[Image(http://sc.pne.jp/200801011950.png,right)]]
    38 OpenIDとは、URLの形式で構成されたIDで、このIDをユーザーがひとつ取得していると、複数のOpenID対応サイトをひとつのIDで管理できるという大きな特徴があります。最新のOpenPNE('''実装されるバージョンいくつか聞く''')では、あなたのSNSの設定次第でSNS内のユーザーひとりひとりにOpenIDのアカウントを提供することができるため、SNS内部に留まらないコンテンツづくりや、情報共有が可能になります。
    39 
    40  1. WordPress[[BR]] WordPressでは、OpenPNEとOpenIDを利用して複数のSNSユーザーでひとつのブログを管理、投稿等をするといった使い方ができます。また、認証しなければコメントが書き込めないようなブログでもOpenIDを利用することによって、無駄なアカウントを登録することなく、即座にコメントをつけることができます。ここでは、WordPressの作成方法からOpenIDを利用可能にするまでを紹介していきます。
    41    * 動作確認済み環境
    42      * WordPress2.2.3
    43      * WPモジュール:Wordpress-openid-plugin ttp://verselogic.net/projects/wordpress/wordpress-openid-plugin/ [[BR]] ダウンロード先 http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=167532
    44    * 最新動作環境(未動作)
    45      * WordPress2.2.3
    46      * WPモジュール:WP-OpenID http://wordpress.org/extend/plugins/openid/ [[BR]] ダウンロード先 http://downloads.wordpress.org/plugin/openid.2.1.2.zip
    47    * インストール
    48         i. http://wordpress.xwd.jp/begin/install.php にしたがって、WordPressをインストール。('''ここは話を展開する?それともリンク?''')
    49         i. WP-OpenID(openid.2.1.2.zip)から解凍したディレクトリををWordPressのインストールしたディレクトリ内にある wp-content/plugins 以下に設置
    50         i. 管理画面にログイン後、プラグインタブ内のプラグイン一覧に "OpenID Registration" があるのを確認して有効化
    51         i. 各種設定タブ内にあるOpenIDを選択
    52         i. "Login Form / Comment Form / Internal Style Roules" の3つの項目にチェックが入っていることを確認
    53         i. 完成
    54    * 動作確認
    55  1. MediaWiki'''インストールがムズいので後回し'''[[BR]]
    56    * メリット
    57       1. みんなで編集
    58       1. OpenPNE
    59    * 動作環境
    60    * インストール
    61    * 動作確認
    62  1. Geeklog
    63    * メリット
    64       * 外向けコミュニティ(OpenPNEは内向けコミュニティ)
    65       * 様々なコンテンツを追加することが可能。
    66  1. Trac
    67 
    6848*****メモ*****
    6949