ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 38 and Version 39 of pne-book-7-note


Ignore:
Timestamp:
Feb 26, 2008, 2:28:32 AM (11 years ago)
Author:
Morth
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-7-note

    v38 v39  
    99                [[BR]]
    1010                OpenIDとは、URLの形式で構成されたIDで、このIDをエンドユーザーがひとつ取得していると、複数のOpenID対応サイトをひとつのIDで管理できるという大きな特徴があります。最新のOpenPNEでは、SNSの設定次第でSNS内のユーザーひとりひとりにOpenIDのアカウントを提供することができるため、OpenPNEと連携させることによって、SNS内部に留まらない新たなコンテンツづくりや情報共有など、OpenPNEの可能性を大きく広げることができます。
    11                 ここでは、OpenPNEと連携させることができるオープンソースソフトウェアを紹介していきます。なお、各ソフトウェアの基本的なインストールや、詳細な設定などは本稿では都合上取り上げることができないので各関連書籍などをご参考ください。
     11                ここでは、OpenIDに対応をしているオープンソースのソフトウェアや、サービスを紹介していきます。なお、各ソフトウェアの基本的なインストールや、詳細な設定などのより深い知識に関しては本稿の都合上、取り上げることができませんので各関連書籍などをご参考ください。
     12
    1213
    1314== OpenPNE X !WordPress ==
    1415=== 活用事例 ===
    15         1. OpenPNE内のコミュニティ機能
     16        *. OpenPNE内のコミュニティ機能
    1617                WordPressにはOpenIDのユーザーに様々な権限レベルを設定できるという大きな特徴を持っています。この特徴を活かしてOpenPNEとの連携では、コミュニティ専用の共同ブログを作って、他のSNSユーザーにもコミュニティの存在を知ってもらったり、新たなコミュニティ参加者を取り入れたりして、コミュニティの更なる活性化を目指すことができます。
    1718
    18         2. OpenPNE公式ブログ
     19        *. OpenPNE公式ブログ
    1920                OpenPNE公式ブログ(http://www.openpne.jp/ )では、OpenPNE開発メンバーがOpenPNEに関する様々な情報をWordPressで更新をしていますが、この作業を行う際にOpenPNE公式SNSにある自分のOpenIDを利用してログインし、更新作業を実施しています。
    2021               
     
    113114               
    114115       
    115 == OpenPNE X Joomla! ==
     116== OpenPNE X Drupal ==
    116117=== 活用事例 ===
    117118        1. OpenPNEの外部向けポータル
    118 === OpenPNEとJoomla!の連携方法 ===
    119 
     119                OpenPNEは、会員制による、比較的クローズなコミュニティーサイトとして運営することが多いと思います。しかし、時には外部向けにも情報を発信したいという要望も少なくはないでしょう。そこで、OpenIDとDrupalを用いて、SNS内の外部向けポータルサイトを設置することで、開設しているSNSのコンセプトを非会員の人にもより知ってもらうことができると同時に、更なる会員の増加が期待できます。
     120        2. 会社の
     121               
     122===
     123=== OpenPNEとDrupalの連携方法 ===
     124       
    120125== OpenPNE X Trac ==
    121 
    122 === Wiki編 ===
    123 === Ticket編 ===
     126----
     127以下のTrac環境で、OpenID認証失敗
     128 * Debian(Etch)
     129 * Apache2.2
     130 * Python2.4
     131 * Python OpenID Library2.1.1
     132 * Trac 0.10.3
     133
     134TracでIdentifierURL入力→IdPの認証確認画面→認証ボタンクリック→エラー[[BR]]
     135openid.ne.jp と www.hatena.ne.jp 2つのIdPで試してみるが、どちらも同じ結果に。[[BR]]
     136以下エラーログ
     137{{{
     138#!python
     139Python Traceback
     140
     141Traceback (most recent call last):
     142  File "/var/lib/python-support/python2.4/trac/web/main.py", line 387, in dispatch_request
     143    dispatcher.dispatch(req)
     144  File "/var/lib/python-support/python2.4/trac/web/main.py", line 237, in dispatch
     145    resp = chosen_handler.process_request(req)
     146  File "build/bdist.linux-i686/egg/openidauth/auth.py", line 166, in process_request
     147  File "build/bdist.linux-i686/egg/openidauth/auth.py", line 226, in _handle_return
     148TypeError: complete() takes exactly 3 arguments (2 given)
     149
     150}}}
     151----
     152
     153== OpenPNE X
    124154== 最後に ==
    125 
    126 ----
    127 *****メモ*****
    128 
    129  * OpenIDの設定例が複数くる予定(大倉)
    130    * http://trac.openpne.jp/wiki/pne-openid
    131    * http://trac.openpne.jp/wiki/pne-openid-note
    132  * OpenID設定例
    133    * Blog => WordPress2
    134    * Wiki => Mediawiki
    135    * CMS => Geeklog
    136    * Trac => Trac
    137155
    138156----