ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 46 and Version 47 of pne-book-7-note


Ignore:
Timestamp:
Feb 28, 2008, 10:45:35 PM (11 years ago)
Author:
Morth
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-7-note

    v46 v47  
    99                [[BR]]
    1010                OpenIDとは、URLの形式で構成されたIDで、このIDをエンドユーザーがひとつ取得していると、複数のOpenID対応サイトをひとつのIDで管理できるという大きな特徴があります。OpenPNEでは、SNSの設定次第でSNS内のユーザーひとりひとりにOpenIDのアカウントを提供することができるため、OpenPNEと連携させることによって、SNS内部に留まらない新たなコンテンツづくりや情報共有など、OpenPNEの可能性を大きく広げることができます。
    11                 ここでは、OpenIDに対応をしているオープンソースのソフトウェアや、サービスを紹介していきます。なお、各ソフトウェアの基本的なインストールや、詳細な設定などのより深い知識に関しては本稿の都合上、取り上げることができませんので各関連書籍などをご参考ください。また、OpenPNEが発行するOpenIDの仕様は本稿執筆時(2008年2月末)
     11                ここでは、OpenIDに対応をしているオープンソースのソフトウェアや、サービスを紹介していきます。
     12                なお、各ソフトウェアの基本的なインストールや、詳細な設定などのより深い知識に関しては本稿の都合上、取り上げることができませんので各関連書籍などをご参考ください。また、OpenPNEが発行するOpenIDの仕様は本稿執筆時(2008年2月末)の開発版のものとなります。安定版とは仕様が異なる場合がありますが、ご了承ください。
    1213
    1314
     
    118119== OpenPNE X Drupal ==
    119120=== Drupalとは? ===
    120         DrupalとはXoopsや、MovableTypeと同様のCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼ばれるアプリケーションです。様々なモジュールをアプリケーションに追加することによって、様々なコンテンツを提供できるように作られています。
     121        DrupalとはXoopsや、MovableTypeと同様のCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼ばれるアプリケーションです。様々なモジュールをアプリケーションに追加することによって、掲示板や様々なコンテンツを提供できるように作られています。
    121122=== 活用事例 ===
    122123        * OpenPNEの外部向けポータル
    123                 OpenPNEは、会員制による、比較的クローズなコミュニティサイトとして運営されることが多いと思います。しかし、時には外部向けにも情報を発信したいという要望も少なくはないでしょう。そこで、OpenIDとDrupalを用いて、SNS内の外部向けポータルサイトを設置することで、開設しているSNSのコンセプトを非会員の人にもより知ってもらうことができると同時に、更なる会員の増加が期待できます。また、WordPress以上にユーザーの権限レベルを詳細に設定出来るので、SNS内の複数のユーザーが管理・運営・編集などを行うこともできます。
     124                OpenPNEは、会員制による、比較的クローズなコミュニティサイトとして運営されることが多いと思います。しかし、時には外部向けにも情報を発信したいという要望も少なくはないでしょう。そこで、OpenIDとDrupalを用いて、SNS内の外部向けポータルサイトを設置することで、既に運営されているSNSのコンセプトを非会員の人にも、より理解してもらえると同時に、更なる会員の増加が期待できます。また、WordPress以上にユーザーの権限レベルを詳細に設定出来るので、SNS内の複数のユーザーが管理・運営・編集などを行うこともできます。
     125        *
    124126=== OpenPNEとDrupalの連携方法 ===
    125127==== はじめに ====
    126         ここではDrupalのインストールが予め完了しているところから紹介していきます。また、DrupalのバージョンはOpenIDに標準対応しているDrupal6.0を使用します。日本語版は本稿執筆時(2008年2月末)の時点で翻訳が完了していないため、英語版での紹介になりますが、ご了承ください。
    127 ==== 1. OpenIDの設定 ====
    128         まず、管理者権限でDrupalにログインします。左側のナビから "Administrator" → "Site Building" → "Modules" の順にクリックし、モジュール一覧を表示します。
    129         [[BR]]
    130         [[Image(http://ookura.pne.jp/images/joomla/oid_settings/, 700)]]
    131         [[BR]]
     128        ここではDrupalをOpenPNEと連携する方法を紹介していきます。CMSは自由なカスタマイズができるシステムな為、一部大まかな説明があります。また、Drupalのインストールが予め完了していることが前提となります。DrupalのバージョンはOpenIDに標準対応しているDrupal6.0を使用します。日本語版は本稿執筆時(2008年2月末)の時点で翻訳が完了していないため、英語版での紹介になりますが、ご了承ください。
     129==== 1. Drupalの設定 ====
     130        1. DrupalのOpenIDモジュールを有効にする
     131                まず、管理者権限でDrupalにログインします。左側のナビから "Administrator" → "Site Building" → "Modules" の順にクリックし、モジュール一覧を表示します。
     132                [[BR]]
     133                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-1.jpg, 700)]]
     134                [[BR]]
     135               
     136                モジュール一覧からOpenIDにチェックを入れ、最下部にある "Save configuration" をクリックし、OpenIDモジュールを有効にします。
     137                [[BR]]
     138                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-2.jpg, 700)]]{OpenIDモジュールが表示されている画像}
     139                [[BR]]
     140                [[BR]]
     141                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-3.jpg, 700)]]{Save configurationボタンの画像}
     142                [[BR]]
     143                これで設定は完了です。一旦ログアウトし、OpenIDでログインができるかを確認してみましょう。
     144                ログイン画面で "Log in using OpenID" をクリックするとOpenID入力フォームが出てくるので、OpenIDを入力して、ログインしてみましょう。
     145                [[BR]]
     146                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-4.jpg)]]
     147                [[BR]]
     148               
     149                SNS側と同じニックネームでログインが出来るはずです。ちなみに、SNS側と同じニックネームが表示されるのは初回ログイン時のみで、その後はSNS側でニックネームを変更した場合、Drupalでも変更が必要になります。
     150                [[BR]]
     151                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-5.jpg, 700)]]{OpenPNE側のニックネーム画像'''(あとづけ'''}
     152                [[BR]]
     153                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-6.jpg, 700)]]{Drupal側のニックネーム画像'''(あとづけ'''}
     154                [[BR]]
     155               
     156        2. OpenIDでログインしてくるSNSユーザーに専用の権限設定を与える。
     157                初期設定では、コメントなどの投稿権限は許可されていますが、サイトの管理まではできません。そこで、OpenIDでログインしたSNSユーザーに専用の権限設定を付与ましょう。[[BR]]
     158                最初に、グループの権限設定を作成します。Drupalではこの権限設定をDrupalに登録しているユーザーに付与することで、グループに応じたコンテンツを表示させたり、一部の管理機能を許可させたりといったことが出来るようになっています。[[BR]]
     159                管理者アカウントでログインし、左側のナビから"Administer" → "User management" → "Roles"を開きます。初期の状態では"anonymous user"と"authenticated user"のふたつの設定があるはずです。下部に新規に作成する権限設定の名前を登録するフォームがあるので、名前をつけて"Add role"ボタンを押します。
     160                今回はサイトのレイアウトが編集できる権限設定を作ります。"OpenID - Designer"というグループ名で登録しましょう。
     161                [[BR]]
     162                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-1.jpg, 700)]]
     163                [[BR]]
     164               
     165                登録されたのを確認したら、名前の横にある"edit permissions"をクリックし、Drupal内の各機能の権限を設定していきます。
     166                今回はDrupalのデザインが編集できる権限設定を作ります。以下の図のようにチェックをつけていきましょう。
     167                [[BR]]
     168                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-2.jpg, 700)]]
     169                [[BR]]
     170                最後に"Save permissions"をクリックして、グループの権限設定を保存します。
     171               
     172                次に、Drupalに登録されているSNSユーザーに、先程作ったグループの権限設定を付与します。
     173                [[BR]]
     174                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-3.jpg, 700)]]
     175                [[BR]]
     176                "Administer" → "User management" → "Users"に、Drupalに登録された全てのユーザーが表示されます。Rolesの列に何も表記のないユーザーは初期グループの"authenticated user"に属しています。[[BR]]
     177                権限設定を変更したいユーザーにチェックマークをつけて、"Update options"から"Add a role to the selected users"に、先程作成した"OpenID - Designer"があるはずなのでこれを選択し、"Update"をクリックします。[[BR]]
     178                これで設定は完了です。次に動作確認に移ります。一旦管理者アカウントからログアウトしておきましょう。
    132179       
    133         モジュール一覧からOpenIDにチェックを入れ、最下部にある "Save configuration" をクリックし、OpenIDモジュールを有効にします。
    134         [[BR]]
    135         [[Image(http://ookura.pne.jp/images/joomla/oid_settings/, 700)]]{OpenIDモジュールが表示されている画像}
    136         [[BR]]
    137         [[BR]]
    138         [[Image(http://ookura.pne.jp/images/joomla/oid_settings/, 700)]]{Save configurationボタンの画像}
    139         [[BR]]
    140         これで設定は完了です。一旦ログアウトし、OpenIDでログインができるか確認してみましょう。
    141 ==== 動作確認 ====
    142         *
    143 
    144 ==  ==
     180==== 2. 動作確認 ====
     181        1. OpenIDでログインするユーザーの権限設定を確認する
     182                DrupalにOpenIDでログインし、権限設定を変更したユーザーがサイトの編集を行えるか確認していきます。
     183                まず、Drupalに権限設定を変更したOpenIDでログインします。[[BR]]
     184                左側のナビに"Administer"が現れていれば設定に成功しています。実際にサイトを編集してみましょう。
     185                [[BR]]
     186                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/1-1.jpg)]]
     187                [[BR]]
     188        2. ホームに表示されるコンテンツの構成を変更する
     189                Drupalに表示されるコンテンツの構成を変更します。"Administer"→"Site building"→"Blocks"から変更が出来ます。
     190                ここでの変更は特に指定をしないので、好きなように変更をしてみましょう。
     191                [[BR]]
     192                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-1.jpg, 700)]]
     193                [[BR]]
     194                変更を施したらホームに戻って確認しましょう。
     195                [[BR]]
     196                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-2.jpg, 700)]]
     197                [[BR]]
     198               
     199               
    145200== 参考サイト一覧 ==
    146201=== WordPress関連 ===
     
    168223}}}
    169224
    170 TracでIdentifierURL入力→IdPの認証確認画面→認証ボタンクリック→Trac側でエラー[[BR]]
     225Tracのログイン画面でIdentifierURL入力→IdPの認証確認画面→認証ボタンクリック→Trac側に戻ってきたときにエラー[[BR]]
    171226openid.ne.jp と www.hatena.ne.jp 2つのIdPで試してみるが、どちらも同じ結果に。[[BR]]
    172227以下エラーログ