ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 47 and Version 48 of pne-book-7-note


Ignore:
Timestamp:
Mar 4, 2008, 6:19:35 PM (11 years ago)
Author:
Morth
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-7-note

    v47 v48  
    88                [[Image(http://sc.pne.jp/200801011950.png)]]
    99                [[BR]]
    10                 OpenIDとは、URLの形式で構成されたIDで、このIDをエンドユーザーがひとつ取得していると、複数のOpenID対応サイトをひとつのIDで管理できるという大きな特徴があります。OpenPNEでは、SNSの設定次第でSNS内のユーザーひとりひとりにOpenIDのアカウントを提供することができるため、OpenPNEと連携させることによって、SNS内部に留まらない新たなコンテンツづくりや情報共有など、OpenPNEの可能性を大きく広げることができます。
    11                 ここでは、OpenIDに対応をしているオープンソースのソフトウェアや、サービスを紹介していきます。
     10                OpenIDとは、URLの形式で構成されたIDで、このIDをエンドユーザーがひとつ取得していると、複数のOpenID対応サイトをひとつのIDで管理できるという大きな特徴があります。OpenPNEでは、SNSの設定次第でSNS内のユーザーひとりひとりにOpenIDのアカウントを提供することができるため、OpenPNEと連携させることによって、SNS内部に留まらない新たなコンテンツ作りや情報共有など、OpenPNEの可能性を大きく広げることができます。[[BR]]
     11                ここでは、OpenIDに対応をしているオープンソースのソフトウェアを使ったコンテンツ作りや、現在運営されているサービスを利用したOpenPNEとの連携方法などを紹介していきます。[[BR]]
    1212                なお、各ソフトウェアの基本的なインストールや、詳細な設定などのより深い知識に関しては本稿の都合上、取り上げることができませんので各関連書籍などをご参考ください。また、OpenPNEが発行するOpenIDの仕様は本稿執筆時(2008年2月末)の開発版のものとなります。安定版とは仕様が異なる場合がありますが、ご了承ください。
    1313
     
    1515== OpenPNE X !WordPress ==
    1616=== !WordPressとは? ===
    17        
     17        WordPressは、オープンソースのブログツールです。レンタルサーバ等に環境を構築することで、自分専用のブログページを作ることが可能です。また、WordPressには様々なテーマや、プラグインが存在します。これらを導入することにより、オリジナルのブログツールに仕立てていくこともできます。
    1818=== 活用事例 ===
    1919        * OpenPNE内のコミュニティ機能
     
    192192                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-1.jpg, 700)]]
    193193                [[BR]]
    194                 変更を施したらホームに戻って確認しましょう
     194                変更を施したらホームに戻って確認して、作業は完了です
    195195                [[BR]]
    196196                [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-2.jpg, 700)]]
    197197                [[BR]]
    198                
    199                
     198
     199== 今すぐ使えるOpenID対応サービス ==
     200これまで紹介してきたツールは、予め自ら環境を構築した上で、OpenPNEとの連携をさせる方法を紹介してきましたが、ここからは現在、既に運営されているサービスを用いて、OpenPNEと連携させる方法を紹介していきます。
     201=== OpenPNE X Springnote ===
     202        ==== Springnoteとは? ====
     203                Springnoteとは、オンラインで文書を作成、編集できるサービスです。作成した文書は、他のユーザーと共有することが出来るので、共有したユーザーと共に編集をすることも可能です。
     204        ==== 活用事例 ====
     205                * コミュニティのアイディア共有に
     206                        SNS内の人たちと勉強会などを通して実際に話し合う機会も少なくはないでしょう。その際に話し合って出てきたアイディアをどこかに残したり、共有したいと思ったことはないでしょうか。[[BR]]
     207                        SNS内の自分のブログやコミュニティのトピックを駆使して情報を共有することも可能ですが、投稿できる文書の自由度に制限があるなど、あまり現実的ではないですね。[[BR]]
     208                        そこでSpringnoteを用いることで、生まれたアイディアをよりわかりやすく伝えることが可能になります。Springnoteでは、Word文書を作る要領で編集ができ、画像や、表の挿入を行うことも可能です。また、前述したWordpressなどのブログツールへのエクスポート機能なども備えているので、SNS内のコミュニティ専用ブログなどへの投稿を行うことも可能になります。
     209        ==== Springnoteを使う ====
     210        ここでは、実際にSpringnote
     211                *
     212                * 文書を書く
     213                * 書いた文書を共有させる
     214                * ブログにエクスポートする
    200215== 参考サイト一覧 ==
    201216=== WordPress関連 ===
     
    207222
    208223== OpenPNE X Trac ==
    209 ----
     224
    210225'''以下のTrac環境で、OpenID認証失敗'''
    211226 * Debian(Etch)
     
    239254}}}
    240255
    241 ----
     256== OpenPNE X Xoops ==
     257'''OpenIDに対応させるモジュールの存在を確認(動作確認はまだ)'''
    242258== OpenPNE X Mediawiki ==
    243 
    244259== OpenPNE X Geeklog ==
    245 '''Geeklogは煩雑なので後回し'''
     260'''OpenID対応GeeklogはCSVに上がってるらしい。'''
    246261
    247262 * Geeklogコミュニティで現状の実装方法をヒアリング