ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 14 and Version 15 of pne-book-7


Ignore:
Timestamp:
Mar 10, 2008, 2:40:57 PM (12 years ago)
Author:
imoto
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-7

    v14 v15  
    151151 ==== config.phpのIS_SLAVEPNE、authオプションを設定 ====
    152152 まず、OpenPNEのrootディレクトリにあるconfig.phpのIS_SLAVEPNEとauthオプションを設定します。[[BR]]
     153 
     154 {{{
     155root/
     156
     157 bin
     158 lib
     159 public_html
     160 setup
     161 var
     162 webapp
     163 webapp_biz
     164 webapp_ext
     165 config.php
     166 LICENSE
     167}}}
     168
    153169 IS_SLAVEPNEをtrueにします。[[BR]]
    154170 次に、authオプションの設定をします。[[BR]]
     
    187203 
    188204 ==== 動作確認 ====
    189  それでは動作確認をしましょう。
     205 それでは動作確認してみましょう。
    190206 
    191207 XOOPSのユーザIDとパスワードでOpenPNEにログインします。[[BR]]
     
    229245 
    230246 まず、OpenPNEのrootディレクトリにあるconfig.phpのIS_SLAVEPNEとauthオプションを設定します。[[BR]]
     247 
     248 {{{
     249root/
     250
     251 bin
     252 lib
     253 public_html
     254 setup
     255 var
     256 webapp
     257 webapp_biz
     258 webapp_ext
     259 config.php
     260 LICENSE
     261}}}
     262 
    231263  IS_SLAVEPNEをtrueにします。[[BR]]
    232264  authオプションのstorageをPOP3、hostをssl://pop.gmail.comに、portを995に設定します。
     
    258290 
    259291 これで設定は終了です。[[BR]]
     292 
     293 [[Image(https://trac.openpne.jp/svn/prj/pne-book/pne-book-7/GoogleApps_pop.png,650)]]
     294
     295
    260296
    261297 ==== 動作確認 ====
     298 それでは動作確認してみましょう。
     299 
    262300 Google Appsのアカウント(メールアドレス)とパスワードでOpenPNEにログインすします。[[BR]]
    263301 OpenPNEにログインした時点で、Google Appsでの認証は通過しています。[[BR]]
     
    306344 ==== OpenPNEのconfig.phpのIS_SLAVEPNE、authオプションを設定 ====
    307345 まず、OpenPNEのrootディレクトリにあるconfig.phpのIS_SLAVEPNEとauthオプションを設定します。[[BR]]
     346 
     347 {{{
     348root/
     349
     350 bin
     351 lib
     352 public_html
     353 setup
     354 var
     355 webapp
     356 webapp_biz
     357 webapp_ext
     358 config.php
     359 LICENSE
     360}}}
     361 
    308362 IS_SLAVEPNEをtrueにします。[[BR]]
    309363 次に、authオプションの設定をします。[[BR]]
     
    344398 
    345399 次に、Geeklogのconfig.phpを設定します。[[BR]]
    346  config.phpでユーザ名を変更できない設定にします。[[BR]]
     400 
     401 {{{
     402root/
     403
     404 backups
     405 data
     406 language
     407 logs
     408 plugins
     409 public_html
     410 sql
     411 system
     412 config.php
     413 emailgeeklogstories
     414 INSTALL
     415 readme
     416 
     417}}}
     418 
     419 config.phpの設定でユーザ名を変更できない様にします。[[BR]]
    347420
    348421{{{
     
    360433 
    361434 ==== 動作確認 ====
     435 それでは動作確認してみましょう。
     436 
    362437 OpenPNEへGeeklogに登録したユーザ名とパスワードでログインします。
    363438 ログイン出来れば、GeeklogとOpenPNEをSlavePNEで連携させることが出来る様になりました。
     
    397472 ==== config.phpのIS_SLAVEPNE、authオプションを設定 ====
    398473 まず、OpenPNEのrootディレクトリにあるconfig.phpのIS_SLAVEPNEとauthオプションを設定します。[[BR]]
     474 
     475 {{{
     476root/
     477
     478 bin
     479 lib
     480 public_html
     481 setup
     482 var
     483 webapp
     484 webapp_biz
     485 webapp_ext
     486 config.php
     487 LICENSE
     488}}}
     489 
    399490 IS_SLAVEPNEをtrueにします。[[BR]]
    400491 次に、authオプションの設定をします。[[BR]]
     
    423514
    424515 ==== 動作確認 ====
    425  それでは動作確認をしましょう。
     516 それでは動作確認してみましょう。
    426517 
    427518 LDAPのuidとpasswordでOpenPNEにログインします。[[BR]]
     
    444535 === コラム 自動ログイン設定 ===
    445536 SlavePNEを使うときに、自動ログイン設定が出来ないということがあります。
    446  自動ログイン設定を使う場合にはOpenPNE側で設定が必要です。
     537 自動ログイン設定を使うにはOpenPNE側で設定が必要です。
     538 今回はその自動ログインの設定を紹介します。
     539 
    447540 
    448541  ==== config.phpのsession_save_pathを設定 ====
    449542 
    450543 OpenPNEのrootディレクトリにあるconfig.php内のsession_save_pathを設定してきます。[[BR]]
     544 
     545 {{{
     546root/
     547
     548 bin
     549 lib
     550 public_html
     551 setup
     552 var
     553 webapp
     554 webapp_biz
     555 webapp_ext
     556 config.php
     557 LICENSE
     558}}}
     559
     560 
    451561 自動ログインするためにセッションの設定をします。[[BR]]
    452562