ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 2 and Version 3 of pne-book-7


Ignore:
Timestamp:
Jan 25, 2008, 6:04:08 PM (12 years ago)
Author:
imoto
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-7

    v2 v3  
    44== 外部アプリとの連携でOpenPNEはここまで良くなる ==
    55
    6 === MasterPNE ===
     6== MasterPNE ==
    77MasterPNEとは、OpenPNEのユーザーアカウントを親(Master)として、外部のアプリケーションを連携させる方法です。[[BR]]
    88MasterPNEに対応するには、OpenPNE本体ではなく、外部システム側がMasterPNEの提供する認証機構をサポートしている必要があります。[[BR]]
     
    1111
    1212
    13 ==== OpenPNE X Geeklog ====
    14 
    15  * Geeklogコミュニティで現状の実装方法をヒアリング
    16  * OpenPNE側対応範囲を決定
    17  * OpenPNE側で実装
    18  * Geeklogコミュニティで微調整、対応
    19 
    20 OpenPNEとGeeklogをハックしてシングルサインオンする[[BR]]
    21 
    22 手順[[BR]]
    23 (前提条件)[[BR]]
    24 Geeklog、OpenPNEのインストール[[BR]]
    25 OpenPNEのWEBサーバからGeeklogのMySQLに接続できること[[BR]]
    26 [[BR]]
    27 1.Geeklogの設定
    28 2.Geeklogにプログラム追加修正
    29 3.OpenPNEの設定
    30 4.OpenPNEにプログラム追加修正
    31 
    32 1.Geeklogの設定[[BR]]
    33  * ヘッダメニューのアカウント情報は無効にする。
    34 {{{
    35        $_CONF['menu_elements'] = array
    36        (
    37            'home',         // ホーム へのリンク
    38            'contribute',   // 記事の新規作成へのリンク
    39            'calendar',     // カレンダ表示へのリンク
    40            'search',       // 検索オプションへのリンク
    41            'stats',        // ステータス情報
    42            'directory',    // 記事の一覧
    43            //'prefs',        // アカウント情報
    44            'plugins'       // プラグイン {plg_menu_elements} 変数と同じ.
    45            // 'custom'     // CUSTOM_menuEntries 関数の返す文字列を表示.
    46            //(詳細はlib-custom.php参照)
    47        );
    48 }}}
    49 
    50  * ユーザの新規登録を許可しない設定にする
    51 {{{
    52        // ユーザの新規登録拒否 false:許可 true:拒否(管理者のみ登録可能)
    53        $_CONF['disable_new_user_registration'] = true;
    54 }}}
    55 
    56  * ユーザが自分でユーザー名を変更できない設定にする
    57 {{{
    58        // ユーザが自分でユーザ名を変更(1:変更できる 0:変更できない)
    59        $_CONF['allow_username_change'] = 0;
    60 }}}
    61 
    62  * ユーザ自身でアカウント削除できない設定にする
    63 {{{
    64            // ユーザが自分でアカウントを削除(1:削除できる 0:削除できない)
    65            $_CONF['allow_account_delete']  = 0;
    66 }}}
    67 
    68  * ユーザ名表示の際に,本名を表示する設定にする
    69 {{{
    70        (1:本名表示 0:ユーザ名表示)
    71        $_CONF['show_fullname'] = 1;
    72 }}}
    73 
    74  * ブロック ユーザ情報は無効にする。
    75  * Admin ユーザのユーザ名をメールアドレスにする
    76  * ブロックにphpblock_sns を登録する(ログイン用)
    77 
    78 
    79 
    80 2.Geeklogにプログラム追加修正[[BR]]
    81  * public_html/admin/auth.inc.php (修正)
    82  * public_html/layout/thema/users_add/*.* (追加)
    83  * public_html/sns/ OpenPNEと同じフォルダへ
    84     * public_html/sns_users/login.php (追加)
    85     * public_html/sns_users/login2.php (追加)
    86     * public_html/sns_users/users_add.php (追加)
    87  * private/geeklog/plugins/users_add/config.php (追加)
    88     * OPENPNE_DIR ENCRYPT_KEY の設定が必要
    89 
    90  * private/geeklog/system/custom/phpblock_sns.php (追加)
    91     * lib_custom.phpに登録のこと (修正)
    92 
    93 
    94 3.OpenPNEの設定[[BR]]
    95 OpenPNEインストール後の管理画面から設定を行う(ログイン→SNS設定)[[BR]]
    96  * 外部ログインページURL:設定する
    97  * 通常ログインページ表示設定:外部ログインページへリダイレクトする
    98 
    99 4.OpenPNEにプログラム追加修正[[BR]]
    100  * Geeklogサイトのメールアドレス、パスワード、本名更新処理追加
    101     * private/sns/webapp/lib/db/member.php (修正)
    102     * Geelog $_DB_table_prefix を変更している場合は修正が必要
    103 
    104  * Geeklog渡す情報クッキー書き込み
    105     * private/sns/webapp/lib/OpenPNE/Auth.php (修正)
    106  * メールアドレス変更後の画面遷移変更
    107     * private/sns/webapp/modules/pc/do/h_config1.php (修正)
    108  * ログアウト後の画面遷移変更
    109     * private/sns/webapp/modules/pc/do/inc_page_header_logout.php (修正)
    110  * Geeklogサイトからログアウトを実行する
    111     * private/sns/webapp/modules/pc/do/o_logout.php (追加)
    112 
    113 メリット、外部認証との違い[[BR]]
    114    1. ユーザはOpenPNEだけの登録処理になる[[BR]]
    115    2. OpenPNEを招待制にできる。Open制も可[[BR]]
    116    3. メールアドレス、ニックネーム(Geeklogでは本名)が一元管理できる [[BR]]
    117 
    118 デメリット[[BR]]
    119  * シングルサインオンはPCのみ(携帯はOpenPNEのみログイン)
    120 
    121 
    122 OpenPNEとGeeklogをハックしてシングルサインオンする例1[http://wiki.geeklog.jp/index.php/SSO1]
    123 
    124 OpenPNE SSOプロジェクト[http://biz.geeklog.jp/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=14]
    125 
    126 ==== OpenPNE X TRAC  ====
     13
     14=== OpenPNE X TRAC  ===
    12715
    12816OpenPNE × Trac
     
    17967
    18068
    181 ==== OpenPNE X GoogleApps ====
    182 
    183 === SlavePNE ===
     69
     70== SlavePNE ==
    18471SlavePNEとは、他のシステムのアカウントを親、OpenPNEを子(Slave)として連携させる方法です。
    18572
    186 ==== XOOPS X OpenPNE ====
     73=== XOOPS X OpenPNE ===
    18774OpenPNEの外部認証としてXOOPSを利用する[[BR]]
    18875
     
    262149
    263150
    264 ==== OpenLDAP X OpenPNE ====
     151=== OpenLDAP X OpenPNE ===
    265152
    266153OpenPNEの外部認証としてLDAPを利用する[[BR]]
     
    307194
    308195
    309 ==== GoogleApps X OpenPNE ====
     196=== GoogleApps X OpenPNE ===
    310197
    311198手順[[BR]]
     
    368255
    369256
    370 
    371 
    372 
    373 ==== NetCommons X OpenPNE ====
    374 
    375 ==== Geeklog X OpenPNE ====
     257=== Geeklog X OpenPNE ===
    376258OpenPNEの外部認証としてGeeklogを利用する[[BR]]
    377259
     
    455337
    456338
    457 '''※OpenPNE開発版の内容を入れることで、完成されたID連携の機構を紹介したい'''
    458 
     339