Changes between Version 29 and Version 30 of pne-book-7

Show
Ignore:
Author:
ookura (IP: 203.143.101.162)
Timestamp:
04/02/08 21:57:51 (9 years ago)
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-7

    v29 v30  
    152152 === OpenPNE X WordPress === 
    153153 WordPressは、オープンソースのブログ構築用ソフトウェアです。[[BR]] 
    154  WordPressには様々なテーマや、プラグインが存在し、これらを導入することによりオリジナルのブログを構築できます。[[BR]] 
    155   
    156  WordPressはOpenIDのユーザーに様々な権限レベルを設定することができるという大きな特徴を持っています。この特徴を活かして、SNSとWordPress連携させて、SNS参加者だけが投稿可能なSNS参加者専用共同ブログを作成することができます。[[BR]] 
     154 WordPressには様々なテーマやプラグインが存在し、これらを導入することにより、オリジナルのブログを構築できます。[[BR]] 
     155  
     156 WordPressはOpenIDのユーザーに様々な権限レベルを設定することができるという大きな特徴を持っています。この特徴を活かして、SNSとWordPress連携させて、SNS参加者だけが投稿可能なSNS参加者専用共同ブログを作成することができます。[[BR]] 
    157157  
    158158 前提条件としてWordPress、OpenPNEがインストールされているものとします。 
    253253 
    254254 
    255   次に、WP-OpenIDプラグインを有効します。[[BR]] 
    256   ここからはWebブラウザ上からの操作なります。[[BR]] 
     255  次に、WP-OpenIDプラグインを有効します。[[BR]] 
     256  ここからはWebブラウザ上からの操作なります。[[BR]] 
    257257  まず設置しているWordPressにアクセスし、管理者アカウントで管理画面にログインします。 
    258258   
    259   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/2-1.jpg)]] 
     259  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/2-1.bmp)]] 
    260260   
    261261  次にプラグインタブ内のプラグイン管理にWP-OpenIDモジュールが表示されていることを確認して「使用する」をクリックし、有効化します。これでプラグインの有効化は完了です。 
    262262   
    263   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/2-2.jpg, 700)]] 
     263  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/2-2.bmp, 700)]] 
    264264   
    265265  次に、各種設定を行います。[[BR]] 
    266266  設定タブ内の一般設定タブを選択し、メンバーシップにある「誰でもユーザー登録ができるようにする」と「ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする」の二つのチェックボックスににチェックを入れ、「設定更新」 をクリックして設定を反映させます。 
    267267   
    268   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/3-1.jpg, 700)]] 
     268  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/3-1.bmp, 700)]] 
    269269  次に、設定タブ内のディスカッションを選択し、コメント表示条件を以下のように設定します。 
    270270   
    272272   
    273273   
    274   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/3-1-1.jpg, 700)]] 
     274  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/3-1-1.bmp, 700)]] 
    275275   
    276276  作業が完了したら「設定更新」をクリックして設定を反映させます。[[BR]] 
    278278  最後に、同じく設定タブ内にあるWP-OpenIDを選択し、「Enable OpenID comment auto-approval」と「Add OpenID text to the WordPress post comment form.」の二つのチェックボックスにチェックを入れ、「Update options」 をクリックして設定を反映させましょう。 
    279279   
    280   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/3-2.jpg, 700)]] 
     280  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/2_plugin_install/3-2.bmp, 700)]] 
    281281  以上で設定は完了です。[[BR]] 
    282282   
    288288  実際にSNSのユーザーがSNSで発行されたURLでコメントが投稿できるか動作確認してみましょう。まずコメントしたいブログ記事のページにいきます。 
    289289   
    290   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/1-1.jpg, 700)]] 
     290  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/1-1.bmp, 700)]] 
    291291   
    292292  下部に「コメントを投稿するにはログインしてください。」と書いてあるので「ログイン」をクリックして、ログインフォームを表示します。 
    293293   
    294   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/1-2.jpg)]] 
     294  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/1-2.bmp)]] 
    295295   
    296296  表示されたログインフォームには設定する前にはなかったOpenIDのログインフォームが表示されます。この「OpenID url:」というフォームにSNSから発行されたOpenIDのURLを入力することでログインすることができます。 
    299299  OpenIDで投稿したコメントには名前の横にOpenIDのロゴが表示されます。 
    300300   
    301   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/1-3.jpg, 700)]] 
     301  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/1-3.bmp, 700)]] 
    302302   
    303303   
    313313  ユーザータブをクリックすると、ユーザの一覧が表示されます。[[BR]] 
    314314   
    315   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/2-1.jpg, 700)]] 
     315  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/2-1.bmp, 700)]] 
    316316   
    317317  ここで、権限レベルを変更したいユーザにチェックを入れて、「選択したユーザーの更新」にある権限レベルを指定しましょう。今回はユーザの権限レベルを「作成者」 にします。 
    328328  管理者のアカウントには表示される「プラグイン」 や「リンク」 などのタブが、作成者権限のユーザーには表示されません。 
    329329   
    330   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/2-2.jpg, 700)]] 
     330  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/2-2.bmp, 700)]] 
    331331   
    332332  最後に、WordPressのブログ記事を書いて確認しましょう。管理画面の中にある「作成」タブから記事を書くことができます。 
    333333   
    334   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/3-1.jpg, 700)]] 
     334  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/wordpress/3_action_check/3-1.bmp, 700)]] 
    335335   
    336336   
    367367  まず、管理者のアカウントでDrupalにログインします。左側のナビゲーションから 「Administrator」 → 「Site Building」 → 「Modules」 の順にクリックし、モジュールの一覧を表示します。 
    368368   
    369   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-1.jpg, 700)]] 
     369  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-1.bmp, 700)]] 
    370370   
    371371  モジュール一覧からOpenIDにチェックを入れ、最下部にある 「Save configuration」 をクリックし、OpenIDモジュールを有効にします。 
    372372   
    373   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-2.jpg, 700)]] 
     373  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-2.bmp, 700)]] 
    374374   
    375375   
    377377  ログイン画面で 「Log in using OpenID」 をクリックするとOpenID入力フォームが出てくるので、OpenIDを入力して、ログインしてみましょう。 
    378378   
    379   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-4.jpg)]] 
     379  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/1-4.bmp)]] 
    380380   
    381381  ちなみに、初回ログイン時にDrupalにSNSのニックネームが登録されます。 
    391391  今回はサイトのレイアウトが編集できる権限設定を作ります。「OpenID - Designer」というグループ名で登録しましょう。 
    392392   
    393   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-1.jpg, 700)]] 
     393  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-1.bmp, 700)]] 
    394394   
    395395  登録されたのを確認したら、名前の横にある「edit permissions」をクリックし、Drupal内の各機能の権限を設定していきます。 
    397397  今回はDrupalのデザインが編集できる権限設定を作ります。以下のようにチェックをつけていきましょう。 
    398398   
    399   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-2.jpg, 700)]] 
     399  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-2.bmp, 700)]] 
    400400   
    401401  最後に「Save permissions」をクリックして、グループの権限設定を保存します。[[BR]] 
    402402  次に、Drupalに登録されているSNSユーザーに、先程作ったグループの権限設定を付与します。 
    403403   
    404   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-3.jpg, 700)]] 
     404  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/oid_settings/2-3.bmp, 700)]] 
    405405   
    406406  「Administer」 → 「User management」 → 「Users」に、Drupalに登録された全てのユーザーが表示されます。Rolesの列に何も表記のないユーザーは初期グループの「authenticated user」に属しています。[[BR]] 
    416416  左側のナビに"Administer"が現れていれば設定に成功しています。実際にサイトを編集してみましょう。 
    417417   
    418   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/1-1.jpg)]] 
     418  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/1-1.bmp)]] 
    419419   
    420420  2. ホームに表示されるコンテンツの構成を変更する[[BR]] 
    421421  Drupalに表示されるコンテンツの構成を変更します。「Administer」→「Site building」→「Blocks」から変更ができます。 
    422422   
    423   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-1.jpg, 700)]] 
     423  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-1.bmp, 700)]] 
    424424   
    425425  変更を施したらホームに戻って確認して、作業は完了です。 
    426426   
    427   [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-2.jpg,700)]] 
     427  [[Image(http://ookura.pne.jp/images/drupal/check_system/2-2.bmp,700)]] 
    428428   
    429429