ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 8 and Version 9 of pne-book-9-4


Ignore:
Timestamp:
Mar 6, 2008, 2:40:06 PM (12 years ago)
Author:
imoto
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-9-4

    v8 v9  
    346346 
    347347 === 流れ ===
    348  1.レポートの作成[[BR]]
    349  1.修正チケットの選定[[BR]]
    350  1.コーディング[[BR]]
    351  1.コードの確認[[BR]]
    352  1.動作テスト[[BR]]
     348 1.レポートの作成
     349 1.修正チケットの選定
     350 1.コーディング
     351 1.コードの確認
     352 1.動作テスト
     353 1.リリース
    353354 
    354355 [[Image(https://trac.openpne.jp/svn/prj/pne-book/pne-book-9/pne-book-9-4/10.png,650)]]
     
    479480 
    480481  そして、良いと判断されたものはテストkeywordsがテスト待ちにされ、testing defect (テスト待ちの不具合)の一覧に入った後に動作テストされます。[[BR]]
     482  その後、レポートにあるチケットが修正されたらリリースされます。
    481483 
    482484 
     
    500502 
    501503 === 流れ ===
    502  1.テスト表作成[[BR]]
    503  1.動作テスト[[BR]]
     504 1.テスト表作成
     505 1.動作テスト
    504506 
    505507  ==== テスト表作成 ====
     
    655657 
    656658 
    657  1.開発者の主体性を重視こと[[BR]]
    658  1.違う視点を大切にすること[[BR]]
    659  1.コミュニティの中で作り上げていくこと[[BR]]
     659 1.開発者の主体性を重視こと
     660 1.違う視点を大切にすること
     661 1.コミュニティの中で作り上げていくこと
    660662 
    661663 
     
    724726 
    725727 OpenPNEをより良いものにするためには、もちろんソースコードの質も大切だと思います。しかし、ソースコードだけではなくOpenPNEの開発体制などももっと改善していきたいと考えています。現在のOpenPNEのチームもまだまだ発展途上で不完全です。[[BR]]
    726 もっと多くの人と関わり合いながらコミュニティの中でOpenPNEをより良いものにしていきたいと考えています。[[BR]]
    727 私たちOpenPNE開発者はOpenPNEをより良いものにしたいという思いだけでOpenPNEを開発しているので、ぜひそういう思いがあれば一緒にOpenPNEを育てていけたらいいなと考えています。
    728  
     728 もっと多くの人と関わり合いながらコミュニティの中でOpenPNEをより良いものにしていきたいと考えています。[[BR]]
     729 私たちOpenPNE開発者はOpenPNEをより良いものにしたいという思いだけでOpenPNEを開発しているので、ぜひそういう思いがあれば一緒にOpenPNEを育てていけたらいいなと考えています。
     730