ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 6 and Version 7 of pne-book-9-note


Ignore:
Timestamp:
Jan 29, 2008, 4:25:59 PM (12 years ago)
Author:
imoto
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-9-note

    v6 v7  
    112112   
    113113 * webappディレクトリについて
    114     * webappディレクトリには根幹になる部分があります。
    115 
    116  
    117  間違いやすいのが、webappの下にもlibがあるってことです。
    118 webappの下にあるlibとは違いますので、ちょっと気をつけていただきたい。
    119 webappの下にあるlibは、OpenPNEが作ったOpenPNEで利用するプラグインやライブラリになっています。
    120 sqlのディレクトリ
     114    * webappディレクトリにはOpenPNEの根幹になる部分です。
     115    * それでは上から見ていきましょう。一番上にあるのはlibディレクトリなのですが、このlibディレクトリはOpenPNEが作ったOpenPNEで利用するプラグインやライブラリが置かれています。一つ上のディレクトリにもlibがありますが、違いに注意してください。
     116    *
     117    * libの中を見ると、dbディレクトリがありますが、これはOpenPNEの定義された50ぐらいあるデータベースを読み書きするために使うライブラリ群が入っています。ディレクトリ以下にaction.phpというファイルがあるが、これはactionというテーブルを操作するためのdbライブラリです。例えば、c_member_idからその対象メンバーのあしあとの情報がほしいときは、ashiato.phpのdb_ashiato_c_ashiato_list4c_member_idという関数を使ってc_member_idと取得したい件数を渡せば取得してくれます。同じようにmember.phpの中の関数を使えば、c_member_idからそのメンバーのプロフィール情報を簡単に取り出すことが出来ます。操作したいデータベースやテーブルがあるときはテーブルに該当するファイルから関数を探してみると、目的の操作をしてくれる関数を探し出せるかも知れません。
     118    * 次にmailです。このmailディレクトリの中にsns.phpというのがありますが、これはメール投稿や、コミュニティ書き込みの処理をしています。binの中にmail.phpがありましたが実態はこの中にあります。ですので、メール投稿関連で新機能を追加したいとかいった場合には、こちらを修正する必要があります。
     119    * その下のOpenPNEディレクトリにはOpenPNE本体の中で使われているライブラリ郡があります。例えば、携帯メールの処理をしたり、画像の処理をしたり、バリデータといって入力の妥当性検証したりしています。
     120    * 次にmailです。このmailディレクトリの中にsns.phpというのがありますが、これはメール投稿や、コミュニティ書き込みの処理をしています。binの中にmail.phpがありましたが実態はこの中にあります。ですので、メール投稿関連で新機能を追加したいとかいった場合には、こちらを修正する必要があります。
     121    * modulesを見ていきます。
    121122
    122123=== コードフロー ===