ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 16 and Version 17 of pne-book-note


Ignore:
Timestamp:
Jan 25, 2008, 10:31:11 AM (12 years ago)
Author:
imoto
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-book-note

    v16 v17  
    276276
    277277==== OpenLDAP X OpenPNE ====
     278
     279OpenPNEの外部認証としてLDAPを利用する[[BR]]
     280LDAPを利用することで、設定次第ではXoopsやZenCartなどのDBを直接、認証システムとして利用出来る様になる。
     281
     282手順[[BR]]
     283(前提条件)[[BR]]
     284OpenPNEのインストール、LDAPに対応したアプリケーションのインストール[[BR]]
     285[[BR]]
     286
     287
     2881.OpenPNEのconfig.php内のIS_SLAVEPNE、オプションを設定[[BR]]
     2892.LDAPのidでログインする[[BR]]
     290
     2911.OpenPNEのconfig.php内のIS_SLAVEPNE、オプションを設定[[BR]]
     292IS_SLAVEPNEをtrueにして外部認証を許可します。[[BR]]
     293次に、オプションを設定します。[[BR]]
     294storageにLDAPを選択し、optionsを設定します。[[BR]]
     295以上で設定は終了。[[BR]]
     296
     297{{{
     298// 外部認証を使用するかどうか
     299define('IS_SLAVEPNE' , false);
     300
     301// IS_SLAVEPNEがtrueの場合のauthオプション
     302$GLOBALS['_OPENPNE_AUTH_CONFIG'] =
     303array(
     304    'storage'=>"LDAP",
     305    'options'=>array(
     306        'url' => 'ldap://192.168.0.1',
     307        'basedn' => 'dc=example,dc=com',
     308        'userattr' => 'uid'
     309    ),
     310
     311);
     312
     313}}}
     314[[BR]]
     315
     3162.LDAPのidでログインする[[BR]]
     317OpenPNEのemail欄(名前欄)にLDAPのuid、password欄にLDAPのpasswordを入力。[[BR]]
     318そのままOpenPNEのプロフィール項目を記入し、通常通りOpenPNEの登録を完了してください。[[BR]]
     319メール承認後、LDAPのuidとpasswordでログイン出来ます。[[BR]]
     320
     321
    278322==== GoogleApps X OpenPNE ====
    279323