ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changes between Version 43 and Version 44 of pne-guidelines


Ignore:
Timestamp:
Apr 4, 2008, 5:49:58 PM (13 years ago)
Author:
kiwa
Comment:

pne-guidelines 仕様書作成のガイドライン追加

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • pne-guidelines

    v43 v44  
    259259
    260260=== コミット先 ===
     261== 仕様書作成時のガイドライン ==
     262全て#2182のような形に合わせる
     263
     264=== ファイル ===
     265 ファイル名::
     266   日付_【次の安定版メジャーバージョン】機能要約(例:[[source:OpenPNE_specification/trunk/2.12/spec/20080403_【2.12】ファイルアップロードの拡張.ppt 20080403_【2.12】ファイルアップロードの拡張.ppt]])
     267
     268 ファイルの中身::
     269   * 必ずチケットのURLを記載する
     270   * 必ず作成者の名前またはメールアドレスを記載する(pptの場合は表紙に入れるとわかりやすい)
     271 [[Image(20080403_【2.12】ファイルアップロードの拡張.gif, 500)]]
     272
     273=== コミット ===
     274 コミットするときは::
     275   * 毎回必ずコメントにチケット番号(#2182など)を入れる(例:r6306)
     276   * コミット先 OpenPNE_specification/trunk/バージョン/spec/
     277
     278 コミット後::
     279 チケットのdescriptionの「■仕様」欄(要望チケットのフォーマット参照)に必ず画面仕様へのルートを入れる。(例:source:OpenPNE_specification/trunk/2.12/spec/20080403_【2.12】ファイルアップロードの拡張.ppt)
     280
     281
     282=== ドキュメント関係のレポジトリ ===
     283{{{
     284 OpenPNEspecifiction - branches - 個人ごとのディレクトリ(ebihara,kunitadaなど)
     285                     - patch(パッチ格納場所)
     286                     - release(空)
     287                     - tag(空)
     288                     - trunk    - 2.12   - doc(その他調べもの・ドキュメントなどのおき場所)
     289                                         - spec(仕様のおき場所)
     290                                         - test(テスト表のおき場所)
     291                                - 2.10
     292                                - 2.8
     293                                - ...
     294                                - stock(盛り込み予定のないもの)  - doc
     295                                                                   - spec
     296                                                                   - test
     297}}}
     298
     299
    261300
    262301== 要望盛り込みガイドライン ==