※このページは現在更新をおこなっていません。 OpenPNE 3 については http://www.openpne.jp/http://readmine.openpne.jp/ などをご覧ください。

OpenPNE3 開発用ページ

目次

  1. OpenPNE3alpha3 セットアップ手順
    1. svn からチェックアウトしたものをセットアップ
    2. freeze されたプロジェクトからセットアップ
  2. リリース手順

OpenPNE3alpha3 セットアップ手順

ここで記載した手順は OpenPNE3alpha3 当時のものです。

最新の情報は、 http://www.openpne.jp/openpne3_setup_guide/ をご覧ください。

svn からチェックアウトしたものをセットアップ

※ symfony1.1 (trunkはsymfony1.2)自体のセットアップが完了しており、 symfony コマンドによって自動生成されたプロジェクトに対してWEBブラウザからアクセスできる環境を前提として説明する

OpenPNE3 のチェックアウト

$ svn co https://trac.openpne.jp/svn/OpenPNE3/trunk OpenPNE3_trunk

tags からチェックアウトしたい場合は以下を実行

$ svn co https://trac.openpne.jp/svn/OpenPNE3/tags/OpenPNE-3alpha3/

config/ProjectConfiguration.class.php を編集

$ cd OpenPNE3_trunk
$ cp config/ProjectConfiguration.class.php.sample config/ProjectConfiguration.class.php
$ vi config/ProjectConfiguration.class.php

以下の ##SYMFONY_LIB_DIR## を symfony のライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスに置換する。

(例:/usr/share/php/data/symfony)

require_once '##SYMFONY_LIB_DIR##/autoload/sfCoreAutoload.class.php';

データベース設定

以下のコマンドを実行(DSNなどは各自適切なものに変更)

$ echo "CREATE DATABASE OpenPNE3_trunk_20080827 DEFAULT CHARACTER SET utf8" | mysql -u root
$ ./symfony openpne:install mysql://root@localhost/OpenPNE3_trunk_20080827

※trunk の場合は以下

$ echo "CREATE DATABASE OpenPNE3_trunk_20080827 DEFAULT CHARACTER SET utf8" | mysql -u root
$ ./symfony openpne:install

(trunk のみ)パーミッションの設定

$ chmod -R 0777 web/cache

ブラウザからアクセス(PC)

  1. http://example.com/pc_frontend_dev.php にアクセス
  2. ログインフォームに sns@example.com / password と入力し、ログインできるかどうか確認
  3. 「ログアウト」をクリック
  4. 「新規登録」をクリックし、登録処理がおこなえるかどうかを確認

ブラウザからアクセス(管理画面)

  1. http://example.com/pc_backend_dev.php にアクセス
  2. ログインフォームに admin / password と入力し、ログインできるかどうか確認

freeze されたプロジェクトからセットアップ

アーカイブをダウンロード

$ wget http://sandbox.ebihara.dazai.pne.jp/OpenPNE3archives/OpenPNE-3alpha3.zip

zip 以外のフォーマットを希望される場合

$ wget http://sandbox.ebihara.dazai.pne.jp/OpenPNE3archives/OpenPNE-3alpha3.tar.bz2
$ wget http://sandbox.ebihara.dazai.pne.jp/OpenPNE3archives/OpenPNE-3alpha3.tar.gz

アーカイブを展開

$ unzip OpenPNE3-alpha3.zip

データベース設定

以下のコマンドを実行(DSNなどは各自適切なものに変更)

$ echo "CREATE DATABASE OpenPNE3_trunk_20080827 DEFAULT CHARACTER SET utf8" | mysql -u root
$ ./symfony openpne:install mysql://root@localhost/OpenPNE3_trunk_20080827

※trunk の場合は以下

$ echo "CREATE DATABASE OpenPNE3_trunk_20080827 DEFAULT CHARACTER SET utf8" | mysql -u root
$ ./symfony openpne:install

(trunk のみ)パーミッションの設定

$ chmod -R 0777 web/cache

ブラウザからアクセス(PC)

  1. http://example.com/index.php にアクセス
  2. ログインフォームに sns@example.com / password と入力し、ログインできるかどうか確認
  3. 「ログアウト」をクリック
  4. 「新規登録」をクリックし、登録処理がおこなえるかどうかを確認

ブラウザからアクセス(管理画面)

  1. http://example.com/pc_backend.php にアクセス
  2. ログインフォームに admin / password と入力し、ログインできるかどうか確認
アクセスできない場合
  • web/.htaccess の RewriteBase? を各自の環境にあわせて編集
    RewriteBase /path/to/OpenPNE-3alpha2/web/
    

リリース手順

タグを切る

$ svn copy -m "release OpenPNE3alpha3" https://trac.openpne.jp/svn/OpenPNE3/trunk https://trac.openpne.jp/svn/OpenPNE3/tags/OpenPNE-3alpha3

タグから svn export

$ svn export https://trac.openpne.jp/svn/OpenPNE3/tags/OpenPNE-3alpha3/

config/*.sample を .sample なしのファイルに変更

$ cd OpenPNE-3alpha3
$ ls config/*.sample | sed -e 's/\.sample$//g' | awk '{print "mv "$1".sample "$1}' | sh

config/ProjectConfiguration.class.php を編集

$ vi config/ProjectConfiguration.class.php

以下の ##SYMFONY_LIB_DIR## を symfony のライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスに置換する。

(例:/usr/share/php/data/symfony)

require_once '##SYMFONY_LIB_DIR##/autoload/sfCoreAutoload.class.php';

開発環境用フロントコントローラの削除

次のコマンドを実行する。

$ ./symfony project:clear-controllers

freeze コマンドを実行

以下のコマンドを実行する(##SYMFONY_DATA_DIR##は各自の環境に合わせて変更)。

$ ./symfony project:freeze  ##SYMFONY_DATA_DIR##

アーカイブの作成

$ zip -r OpenPNE-3alpha3.zip OpenPNE-3alpha3
$ tar cvfz OpenPNE-3alpha3.tar.gz OpenPNE-3alpha3
$ tar cvfj OpenPNE-3alpha3.tar.bz2 OpenPNE-3alpha3