OpenSocial対応

本WikiにはOpenSocialに関する、概要説明や仕様などの確定した情報を記載 しています。

概要

OpenPNEをOpenSocialに対応させるための情報Wikiです。

コーディネータ

  • 國忠

OpenSocial概要

http://sc.pne.jp/425/200711022216.png

OpenSocialとはGoogleが提供するSNS向けのアプリケーションAPIです。 SNSの中にWEBアプリケーションを埋め込むために使います。


http://sc.pne.jp/425/200711022213.png

こんな形で、サードパーティのWEBサービス提供者はどのSNSに対してツールを開発して良いかわからなくなってしまいます。

ここを共通のAPIを使って、いろいろなSNSにサービスを提供できるようにしましょう。

と言うのがOpenSocialAPIの目的です。

見た目としては、OpenPNEの小窓の強化版がSNSをまたいで共通仕様化された、と言う印象です。

GoogleはSNSでは勝てそうも無いので、周りのSNSを一人勝ちさせないように平準化させてしまおうと言う戦略。 いやー、エグい。でもOpenPNEに取ってプラスだから、OpenPNEとしては勝ち馬には乗ろうと言う作戦。


OpenSocialいろいろ

基本原理

  • JavaScript?と単純なHTMLで動作します
    例)
      opensocial.getData();でロードで、
      dataオブジェクトが使えるようになる。
    
  • 主な機能
    • 自分の情報取得
    • フレンドの情報取得
    • 行動についての情報取得
    • 永続データストア

ライセンス

Will you be open sourcing OpenSocial? Under what license?
Currently, the sample code is released under the Apache 2.0 license. Additionally, we have Creative Commons licensed all of the OpenSocial documentation, so you are welcome to reuse and remix as appropriate. In the future, we are planning to open-source the components that are required to run OpenSocial on your own website.

http://my.opera.com/ux50/blog/2007/11/02/google-opensocial ここから引用。

サンプルコードはApache2.0、ドキュメントはクリエイティブコモンズ、なので自由に使ってね。とのこと。 API自体は実体が無く仕様だけなので、ライセンスというのは当たらないだろう。プログラミングライブラリなどが、出てくればそれもオープンソース化されるそうです。

関連情報

OpenPNEプロジェクトの取り組み

OpenPNEの安定版でOpenSocial対応

  • OpenPNEでは早ければVer2.11でOpenSocialに対応する予定です。
    • 実際に実装してみて、サービスの提供状況、盛況具合によって正式の安定版に組み込むかを決定したいと思います。

OpenPNEのOpenSocial開発状況

  • OpenSocial調査(本Wikiに追記)
  • OpenSocial対応サービスのリストアップ(おそらくGoogleAppsががんがんくるだろう)
  • 実装方法の検討
  • ブランチ開発 pne-opensocial ブランチ

OpenSocialサンプルアプリ

  • 未提供

※サンプルアプリの作り方

http://blog.tkmr.org/tatsuya/show/406-google-opensocial-api-mixi-javascript-gadget

OpenSocialをOpenPNE側で実装するには

http://code.google.com/apis/opensocial/container.html