wiki:pne-unstable-note
 ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

クエリの改善

http://slashdot.jp/journal.pl?op=display&uid=4&id=26710

転送量の削減

PCスタイルシートの分離配送

PC版のHTML内に埋め込まれているスタイルシートは分離配送が可能なので、分離してキャッシュを効かせる。これで転送量を減らす。

<style type="text/css">
<!--
/*枠線要素*/
.border_00 { border: #F7F7F7 1px solid ; }

で始まる部分を分離

#1036

ktaiキャッシュを効かせる

携帯のキャッシュをHTTPレベルで効かせることで、ページ遷移ごとの読み込み(特に「戻る」の場合)時のデータ転送量を削減する。

DB接続ライブラリ選定

OpenPNEをスピードアップさせるために、DBの接続ライブラリを現在のPear:DBから変更する。

  • ADODB ※PHP5の普及まで
  • PDO(最速でOpenPNE2.11以降で対応を検討)※PHP5環境の普及後

SQLキャッシュ

MySQLのクエリーキャッシュを使わずに、PHPのレベルでSQLキャッシュをかけて、負荷を軽減する。

現状ではADODBに組み込まれている、キャッシュ機構を取り込んでいく予定。

単一リクエスト・レスポンス内のSQLキャッシュ

c_memberデータなど、単一のリクエストレスポンス内で行うSQLキャッシュ

単一リクエストを超える特定時間のSQLキャッシュ

c_snsconfig等比較的長期間キャッシュを保持して良いデータに対するSQLキャッシュ

memcached

php セッションをmemcachedに保存

=>完了

ADODBクエリーキャッシュをmemcachedに保存

OpenPNEのその他のファイルキャッシュをmemcachedに保存

Last modified 10 years ago Last modified on Jan 3, 2008, 12:21:17 AM