ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changeset 13182


Ignore:
Timestamp:
Nov 30, 2009, 12:21:52 AM (13 years ago)
Author:
ebihara
Message:

changed document to be compatible with 3.2

Location:
OpenPNE3/doc/branches/3.2/OpenPNE3_Setup_Guide/ja
Files:
2 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • OpenPNE3/doc/branches/3.2/OpenPNE3_Setup_Guide/ja/OpenPNE3_Setup_Guide.txt

    r13181 r13182  
    1 OpenPNE3.1 セットアップ手順
     1OpenPNE3.2 セットアップ手順
    22===========================
    33
     
    55--------
    66
    7 このドキュメントは、 OpenPNE バージョン 3.1 を基にして書かれています。
     7このドキュメントは、 OpenPNE バージョン 3.2 を基にして書かれています。
    88
    99OpenPNE3 は以下のようなサーバ環境で動作させることを想定しています。
     
    3333~~~~~~~~~~~~
    3434
    35 以下の URL から OpenPNE3.1 のパッケージをダウンロードしてください。
    36 
    37 3.1.0 - 3.1.2
    38   https://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=174268&package_id=307735
    39 3.1.3 +
    40   http://github.com/openpne/OpenPNE3/downloads
     35以下の URL から OpenPNE 3.2 のパッケージをダウンロードしてください。
     36
     37http://github.com/openpne/OpenPNE3/downloads
    4138
    4239その後、 ZIP アーカイブを解凍してください。
     
    166163※メールアドレスとパスワードはログイン後に必ず変更してください
    167164
    168 Git から入手してセットアップする (3.1.3 以降)
    169 ---------------------------------------------
    170 
    171 OpenPNE3 をクローンする
    172 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    173 
    174 ::
    175 
    176   $ git clone git://github.com/openpne/OpenPNE3.git
     165Git から入手してセットアップする
     166--------------------------------
     167
     168OpenPNE3 をクローンし、使用したいバージョンをチェックアウトする
     169~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     170
     171OpenPNE3 のクローンはデフォルトでは master ブランチを使用する状態になっています。
     172
     173master ブランチは主に開発版の開発に使われるバージョンです。
     174
     175OpenPNE3 の特定のバージョンを使いたい場合は、以下のようにして、クローンした後にタグをチェックアウトしてください。
     176
     177::
     178
     179  $ git clone git://github.com/openpne/OpenPNE3.github
     180  $ git checkout OpenPNE-3.2RC1
    177181
    178182config/ProjectConfiguration.class.php をコピー
     
    243247(2) ログインフォームに admin / password と入力し、ログインできるかどうか確認
    244248
    245 svn からチェックアウトしたものをセットアップ (3.1.0 から 3.1.2 まで)
    246 --------------------------------------------------------------------
    247 
    248 ※ symfony1.2 自体のセットアップが完了しており、 symfony コマンドによって自動生成されたプロジェクトに対してWEBブラウザからアクセスできる環境を前提として説明
    249 
    250 OpenPNE3 のチェックアウト
    251 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    252 
    253 ::
    254 
    255   $ svn co https://trac.openpne.jp/svn/OpenPNE3/tags/OpenPNE-3.1.0/
    256 
    257 config/ProjectConfiguration.class.php を編集
    258 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    259 
    260 ::
    261 
    262   $ cd OpenPNE-3.1.0
    263   $ cp config/ProjectConfiguration.class.php.sample config/ProjectConfiguration.class.php
    264   $ vi config/ProjectConfiguration.class.php
    265 
    266 以下の ##SYMFONY_LIB_DIR## を symfony のライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスに置換する。
    267 (例:/usr/share/php/data/symfony)
    268 
    269 ::
    270 
    271     require_once '##SYMFONY_LIB_DIR##/autoload/sfCoreAutoload.class.php';
    272 
    273 HTTP プロキシの設定
    274 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    275 
    276 HTTP プロキシを利用する場合、 config/ProjectConfiguration.class.php の op_http_proxy の設定を以下の例を参考に変更してください。
    277 
    278 ::
    279 
    280   //HTTP proxy to use when downloading plugin packages
    281   sfConfig::set('op_http_proxy', 'example.com:8080');
    282 
    283 インストール
    284 ~~~~~~~~~~~~
    285 
    286 以下のコマンドを実行(DSNなどは各自適切なものに変更)
    287 
    288 ::
    289 
    290   $ ./symfony openpne:install
    291 
    292 メールの設定
    293 ~~~~~~~~~~~~
    294 
    295 メールを配信するための設定をおこないます。メールの配信をおこなわない場合はスキップして構いません。
    296 
    297 設定例
    298 ++++++
    299 
    300 cron ファイルに設定権限を付加します。
    301 
    302 ::
    303 
    304   $ chmod -R 0755 bin/*.cron
    305 
    306 /etc/crontab に以下を記述します。
    307 
    308 ::
    309 
    310   # 6 時に /path/to/OpenPNE3/bin/send_daily_news.cron というスクリプトを /path/to/php で実行することで /path/to/OpenPNE3 のデイリー・ニュースを配信する
    311   00   6 * * * root sh /path/to/OpenPNE3/bin/send_daily_news.cron     /path/to/OpenPNE3 /path/to/php
    312  
    313   # 6 時に /path/to/OpenPNE3/bin/birthday_mail.cron というスクリプトを /path/to/php で実行することで /path/to/OpenPNE3 の誕生日通知メールを配信する
    314   00   6 * * * root sh /path/to/OpenPNE3/bin/birthday_mail.cron     /path/to/OpenPNE3 /path/to/php
    315 
    316 なお、デイリー・ニュースはデフォルトの状態ではコンテンツがありません。
    317 
    318 管理画面のガジェット設定から、デイリー・ニュースに対応したプラグインが提供するコンテンツを選択して使用してください。
    319 
    320 ブラウザからアクセス(PC)
    321 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    322 
    323 (1) http://example.com/pc_frontend_dev.php にアクセス
    324 (2) ログインフォームに sns@example.com / password と入力し、ログインできるかどうか確認
    325 
    326 ブラウザからアクセス(管理画面)
    327 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    328 
    329 (1) http://example.com/pc_backend_dev.php にアクセス
    330 (2) ログインフォームに admin / password と入力し、ログインできるかどうか確認
  • OpenPNE3/doc/branches/3.2/OpenPNE3_Setup_Guide/ja/OpenPNE3_Version_Up_Guide.txt

    r13168 r13182  
    1 OpenPNE3.1 バージョンアップ手順
     1OpenPNE3.2 バージョンアップ手順
    22===============================
    33
     
    55--------
    66
    7 このドキュメントは、 OpenPNE 3.1.x から OpenPNE 3.1.y へのバージョンアップ作業の手順を示したものです。
     7このドキュメントは、 OpenPNE 3.2.x から OpenPNE 3.2.y へのバージョンアップ作業の手順を示したものです。
    88
    9 OpenPNE 3.1 を基にして書かれているため、それ以外のバージョンでは手順が変更になる可能性があります。
     9OpenPNE 3.2 を基にして書かれているため、それ以外のバージョンでは手順が変更になる可能性があります。
    1010
    1111※バージョンアップをおこなう前に、データベースのバックアップを取っておくことを強くお勧めします。
     
    2626~~~~~~~~~~~~~~
    2727
    28 Web サーバ上に OpenPNE 3.1 のソースファイルを設置します。(※新旧ソースファイル混在によるトラブルを防ぐため、上書きではなくファイルすべてを交換してください。)
     28Web サーバ上に OpenPNE 3.2 のソースファイルを設置します。(※新旧ソースファイル混在によるトラブルを防ぐため、上書きではなくファイルすべてを交換してください。)
    2929
    3030設定ファイルの上書き
     
    6666::
    6767
    68   $ ./symfony openpne:migrate --target=OpenPNE
    6968  $ ./symfony openpne:migrate
    7069
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.