ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changeset 3058


Ignore:
Timestamp:
May 20, 2007, 8:55:54 PM (12 years ago)
Author:
ogawa
Message:

#825:2.8セットアップガイドの作成

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • OpenPNE/branches/2.8.x/setup/OpenPNE_Setup.html

    r2703 r3058  
    1515}
    1616h2 {
    17   margin: 1em 0 1em;
     17  margin: 2em 0 1em;
    1818}
    1919p.caution {
     
    2828}
    2929dl {
    30   margin: 1em;
     30  margin: 1em 2em;
    3131}
    3232dt {
     
    3434}
    3535dd {
    36   margin: 0 0 0.5em 1em;
     36  margin: 0 0 0.5em 3em;
    3737}
    3838table {
     
    6262<h1>OpenPNE セットアップガイド</h1>
    6363
    64 <p>最終更新日: 2006/12/31</p>
     64<p>最終更新日: 2007/05/20</p>
    6565
    6666<h2>目次</h2>
     
    6969<li><a href="#section1">1. ファイルの設置</a></li>
    7070<li><a href="#section2">2. 設定ファイルの変更</a></li>
    71 <li><a href="#section3">3. サーバ設定</a>
     71<li><a href="#section3">3. データベースの設定</a>
    7272  <ul>
    73   <li><a href="#section3-1">3-1. Apacheの設定</a></li>
    74   <li><a href="#section3-2">3-2. メールサーバの設定</a></li>
    75   <li><a href="#section3-3">3-3. cronの設定</a></li>
     73  <li><a href="#section3-1">3-1. MySQL 4.1 (5.x 含む) の場合</a></li>
     74  <li><a href="#section3-2">3-2. MySQL 4.0 の場合</a></li>
    7675  </ul></li>
    77 <li><a href="#section4">4. OpenPNE用データベースの作成</a>
     76<li><a href="#section4">4. サーバ設定</a>
    7877  <ul>
    79   <li><a href="#section4-1">4-1. MySQL 4.1 の場合</a></li>
    80   <li><a href="#section4-2">4-2. MySQL 4.0 の場合</a></li>
    81   <li><a href="#section4-3">4-3. PNEBIZを使用する場合</a></li>
     78  <li><a href="#section4-1">4-1. Apacheの設定</a></li>
     79  <li><a href="#section4-2">4-2. メールサーバの設定</a></li>
     80  <li><a href="#section4-3">4-3. cronの設定</a></li>
    8281  </ul></li>
    8382<li><a href="#section5">5. セットアップモジュールの実行</a></li>
     
    8988<h2 id="section0">0. はじめに</h2>
    9089
    91 <p>この文書は、OpenPNE バージョン2.6 を基にして書かれています。</p>
     90<p>この文書は、OpenPNE バージョン2.8 を基にして書かれています。</p>
    9291<p>OpenPNE は以下のようなサーバ環境で動作させることを想定しています。</p>
    93 <ul>
    94 <li>Apache 1.3.*/2.0.* 以上</li>
    95 <li>PHP 4.3.*/5.0.* (ASPI版を推奨)
     92<dl>
     93<dt>Webサーバ</dt>
     94<dd>Apache を推奨</dd>
     95<dt>PHP</dt>
     96<dd>PHP 4.3.x / 5.0.x 以降 (ASPI版を推奨)
    9697        <ul>
    9798        <li>PHP の mbstring 拡張モジュールを使用可能</li>
    9899        <li>PHP から GD ライブラリを使用可能 (JPEG/GIF/PNG サポート)</li>
    99100        <li>PHP の mcrypt 拡張モジュールの使用を推奨</li>
    100         </ul></li>
    101 <li>MySQL 4.0/4.1</li>
    102 <li>メールサーバ(携帯からメール投稿する場合)
    103         <ul>
    104         <li>Postfix 2.1.* を推奨</li>
    105         </ul></li>
    106 </ul>
     101        </ul></dd>
     102<dt>データベースサーバ</dt>
     103<dd>MySQL 4.0 以降 (4.1 以降を推奨)</dd>
     104<dt>メールサーバ (携帯からメール投稿する場合)</dt>
     105<dd>Postfix 2.1.x 以降を推奨 (Postfix 以外のメールサーバでも動作報告あり)</dd>
     106</dl>
    107107
    108108<h2 id="section1">1. ファイルの設置</h2>
     
    151151<p>また、<var>OPENPNE_DIR</var>/var 以下の<strong>全ディレクトリ</strong>にウェブサーバからの書き込み権限(例えば 777)を与えてください。</p>
    152152<pre>
    153 $ chmod -R 777 var/*
     153$ chmod -R 0777 var/*
    154154</pre>
    155155
     
    157157
    158158<p>OpenPNE 2.2 からは画像のキャッシュディレクトリを <var>public_html</var> 以下に置き、Apache から直接読み込みを行うようにすることもできます。
    159 (OpenPNE の設定ファイル config.php で、OPENPNE_IMG_CACHE_PUBLIC を true にしてください)</p>
     159(OpenPNE の設定ファイル config.php で、<em>OPENPNE_IMG_CACHE_PUBLIC</em> を true にしてください)</p>
    160160
    161161<p>この機能を有効にする場合、Apache の設定で mod_rewrite を有効にし、.htaccess を使用可能にするかもしくは同様の内容を httpd.conf に記述する必要があります。</p>
     
    212212        接続用ユーザー名、パスワード、サーバホスト名、データベース名を設定します。</dd>
    213213<dt>ENCRYPT_KEY</dt>
    214         <dd>会員ログイン情報の暗号キー(56バイト以内のASCII文字)<br>
     214        <dd>メンバーのログイン情報を暗号化する際に使用するキー(56バイト以内のASCII文字)<br>
    215215        他人に推測されにくい文字列にしてください。</dd>
    216216<dt>MAIL_SERVER_DOMAIN</dt>
     
    218218</dl>
    219219
    220 <p>必要に応じて、オプション設定も書き換えてください。
    221 デバッグモードの設定は、本番運用に移行する際には 0 にしておくことをおすすめします。</p>
    222 
    223 <p class="caution">PHPの設定でセーフモードが有効な場合は、MAIL_SET_ENVFROM を false に設定してください。</p>
    224 
    225 
    226 <h2 id="section3">3. サーバ設定</h2>
     220<p>必要に応じて、その他の設定も書き換えてください。
     221デバッグモードの設定(<em>OPENPNE_DEBUGGING</em>)は、本番運用に移行する際には 0 にしておくことをおすすめします。</p>
     222
     223<p class="caution">PHPの設定でセーフモードが有効な場合は、<em>MAIL_SET_ENVFROM</em> を false に設定してください。</p>
     224
     225
     226<h2 id="section3">3. データベースの設定</h2>
     227
     228<h3 id="section3-1">3-1. MySQL 4.1 以降 (5.x 含む) の場合</h3>
     229
     230<p>新しくデータベースを作成する場合、以下のようなSQLクエリを実行してデータベースを作成します。
     231(※レンタルサーバ等で既にデータベースが用意されている場合は実行する必要はありません)</p>
     232
     233<pre>
     234CREATE DATABASE `DBNAME` DEFAULT CHARACTER SET utf8;
     235</pre>
     236
     237<p>準備したデータベース(例:DBNAME)上で、以下のSQL文を順番に実行します。</p>
     238<ol>
     239<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql41/install/install-2.8-create_tables.sql</li>
     240<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql41/install/install-2.8-insert_data.sql</li>
     241</ol>
     242
     243<p>PNEBIZを使用する場合は上記に加えて、以下のSQL文を実行してください。</p>
     244<ul>
     245<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql41/option/pnebiz-header.sql</li>
     246</ul>
     247
     248<div>
     249<em>[実行例]</em>
     250<pre>
     251(1) データベース作成 (省略可)
     252    $ mysql -u username -p
     253    mysql&gt; CREATE DATABASE `DBNAME` DEFAULT CHARACTER SET utf8;
     254    mysql&gt; exit;
     255
     256(2) OpenPNEセットアップ用SQL実行
     257    $ cd setup/sql/mysql41/install/
     258    $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; install-2.8-create_tables.sql
     259    $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; install-2.8-insert_data.sql
     260
     261(3) PNEBIZ用SQL実行 (オプション)
     262    $ cd ../option
     263    $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; pnebiz-header.sql
     264</pre>
     265</div>
     266
     267<h3 id="section3-2">3-2. MySQL 4.0 の場合</h3>
     268<p>新しくデータベースを作成する場合、以下のようなSQLクエリを実行してデータベースを作成します。
     269(※レンタルサーバ等で既にデータベースが用意されている場合は実行する必要はありません)</p>
     270
     271<pre>
     272CREATE DATABASE `DBNAME`;
     273</pre>
     274
     275<p>準備したデータベース(例:DBNAME)上で、以下のSQL文を順番に実行します。</p>
     276<ol>
     277<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql40/install/install-2.8-create_tables.sql</li>
     278<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql40/install/install-2.8-insert_data.sql</li>
     279</ol>
     280
     281<p>PNEBIZを使用する場合は上記に加えて、以下のSQL文を実行してください。</p>
     282<ul>
     283<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql40/option/pnebiz-header.sql</li>
     284</ul>
     285
     286
     287<div>
     288<em>[実行例]</em>
     289<pre>
     290(1) データベース作成 (省略可)
     291    $ mysql -u username -p
     292    mysql&gt; CREATE DATABASE `DBNAME`;
     293    mysql&gt; exit;
     294
     295(2) OpenPNEセットアップ用SQL実行
     296    $ cd setup/sql/mysql40/install/
     297    $ mysql -u username -p DBNAME &lt; install-2.8-create_tables.sql
     298    $ mysql -u username -p DBNAME &lt; install-2.8-insert_data.sql
     299
     300(3) PNEBIZ用SQL実行 (オプション)
     301    $ cd ../option
     302    $ mysql -u username -p DBNAME &lt; pnebiz-header.sql
     303</pre>
     304</div>
     305
     306
     307<h2 id="section4">4. サーバ設定</h2>
    227308
    228309<p>レンタルサーバ等で設定済みの場合は読み飛ばしてください。</p>
    229310
    230 <h3 id="section3-1">3-1. Apacheの設定</h3>
     311<h3 id="section4-1">4-1. Apacheの設定</h3>
    231312
    232313<p>httpd.confを修正し、</p>
     
    238319<p><em>[設定例]</em></p>
    239320<div>
    240 バーチャルホストを使ったhttpd.confの設定
     321バーチャルホストを使ったhttpd.confの設定
    241322<pre>
    242323&lt;VirtualHost *:80&gt;
     
    250331<p>httpd.confを修正したら、Apacheを再起動してください。</p>
    251332
    252 <h3 id="section3-2">3-2. メールサーバの設定</h3>
     333<h3 id="section4-2">4-2. メールサーバの設定</h3>
    253334
    254335<p>携帯版を使用しない場合は以下の設定は不要です。</p>
     
    274355<p>メールサーバの転送設定を利用して、これらのアドレスへのメールが、以下のコマンドにわたるように設定します。</p>
    275356<pre>
    276 "|/usr/local/bin/php <var>OPENPNE_DIR</var>/bin/mail.php"
    277 </pre>
    278 
    279 <h3 id="section3-3">3-3. cronの設定</h3>
     357"|/usr/bin/php <var>OPENPNE_DIR</var>/bin/mail.php"
     358</pre>
     359
     360<h3 id="section4-3">4-3. cronの設定</h3>
    280361
    281362<p><em>[設定例]</em></p>
     
    283364<p>cronファイルに実行権限の付加。</p>
    284365<pre>
    285 chmod 755 bin/*.cron
     366$ chmod 0755 bin/*.cron
    286367</pre>
    287368
     
    295376*/20 * * * * root sh <var>OPENPNE_DIR</var>/bin/tool_rss_cache.cron           <var>OPENPNE_DIR</var>/bin/ [bin_path]/php
    296377</pre>
    297 [bin_path]はphpをインストールしたbinディレクトリ(例えば、/usr/local/bin)です。
     378[bin_path]は、PHP の実行ファイルがインストールされているディレクトリ(例えば、/usr/bin)です。
    298379</div>
    299380
    300 <h2 id="section4">4. OpenPNE用データベースの作成</h2>
    301 
    302 <h3 id="section4-1">4-1. MySQL 4.1 の場合</h3>
    303 
    304 <p>新しくデータベースを作成する場合、以下のようなSQLクエリを実行してデータベースを作成します。</p>
    305 
    306 <pre>
    307 CREATE DATABASE `DBNAME` DEFAULT CHARACTER SET utf8 ;
    308 </pre>
    309 
    310 <p>準備したデータベース(例:DBNAME)上で、以下のSQL文を順番に実行してください。</p>
    311 <ol>
    312 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/install/install-2.6-create_tables-mysql41.sql</li>
    313 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/install/install-2.6-insert_data.sql</li>
    314 </ol>
    315 
    316 <div>
    317 <em>[実行例]</em>
    318 <pre>
    319 $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; install-2.6-create_tables-mysql41.sql
    320 $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; install-2.6-insert_data.sql
    321 </pre>
    322 </div>
    323 
    324 <h3 id="section4-2">4-2. MySQL 4.0 の場合</h3>
    325 <p>新しくデータベースを作成する場合、以下のようなSQLクエリを実行してデータベースを作成します。</p>
    326 
    327 <pre>
    328 CREATE DATABASE `DBNAME` ;
    329 </pre>
    330 
    331 <p>準備したデータベース(例:DBNAME)上で、以下のSQL文を順番に実行してください。</p>
    332 <ol>
    333 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/install/install-2.6-create_tables-mysql40.sql</li>
    334 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/install/install-2.6-insert_data.sql</li>
    335 </ol>
    336 
    337 <div>
    338 <em>[実行例]</em>
    339 <pre>
    340 $ mysql -u username -p DBNAME &lt; install-2.6-create_tables-mysql40.sql
    341 $ mysql -u username -p DBNAME &lt; install-2.6-insert_data.sql
    342 </pre>
    343 </div>
    344 
    345 
    346 <h3 id="section4-3">4-3. PNEBIZを使用する場合</h3>
    347 <p>PNEBIZを使用する場合は4-1(または4-2)実行後、以下のSQL文を実行してください。</p>
    348 <ol>
    349 <li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/install/option-2.6-pnebiz-header.sql</li>
    350 </ol>
    351 
    352 <div>
    353 <em>[実行例]</em>
    354 <pre>
    355 $ mysql -u username -p DBNAME &lt; option-2.6-pnebiz-header.sql
    356 </pre>
    357 </div>
    358381
    359382<h2 id="section5">5. セットアップモジュールの実行</h2>
     
    366389</pre>
    367390
    368 <p>ここでSNS名、初期メンバー、管理用アカウントの設定を行うことができます。</p>
     391<p>ここでSNS名、初期メンバー、管理用アカウントを設定します。</p>
    369392
    370393
    371394<h2 id="section6">6. 管理画面へのアクセス</h2>
    372395
    373 <p>セットアップ時に設定した管理用アカウント名、パスワードを入力してログインしてください。ログイン後、管理メニューの「SNS設定変更」からSNSの基本情報の設定をすることができます。</p>
     396<p>以下のURLへアクセスし、セットアップモジュールで設定した管理用アカウント名、パスワードを入力してログインしてください。ログイン後、管理メニューの「SNS設定」からSNSの基本情報の設定をすることができます。</p>
    374397
    375398<pre>
     
    378401</pre>
    379402
    380 <p>管理画面のURLを変更する場合は、設定ファイル config.php 内にある ADMIN_MODULE_NAME の値を変更してください。</p>
     403<p>管理画面のURLを変更する場合は、設定ファイル config.php 内にある <em>ADMIN_MODULE_NAME</em> の値を変更してください。</p>
    381404<div>例えば、abcde に変更した場合、
    382405<pre>
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.