ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Changeset 3059


Ignore:
Timestamp:
May 20, 2007, 9:24:33 PM (12 years ago)
Author:
ogawa
Message:

#621:2.6→2.8アップグレードガイドを作成

File:
1 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • OpenPNE/branches/2.8.x/setup/OpenPNE_Upgrade.html

    r1480 r3059  
    1515}
    1616h2 {
    17   margin: 1em 0 1em;
     17  margin: 2em 0 1em;
    1818}
    1919p.caution {
     
    2828}
    2929dl {
    30   margin: 1em;
     30  margin: 1em 2em;
    3131}
    3232dt {
     
    3434}
    3535dd {
    36   margin: 0 0 0.5em 1em;
     36  margin: 0 0 0.5em 3em;
    3737}
    3838table {
     
    4848}
    4949var {
    50   color: #c33;
     50  color: #922;
     51}
     52em {
     53  font-weight: bold;
     54  font-style: normal;
    5155}
    5256-->
     
    5862<h1>OpenPNE アップグレードガイド</h1>
    5963
    60 <p>最終更新日: 2006/12/31</p>
     64<p>最終更新日: 2007/05/20</p>
    6165
    6266<h2>目次</h2>
     
    6670<li><a href="#section2">2. 作業方法</a>
    6771  <ul>
    68   <li><a href="#section2-1">2-1. コンバートSQLの実行</a></li>
    69   <li><a href="#section2-2">2-2. ソースコードの置き換え</a></li>
     72  <li><a href="#section2-1">2-1. アップグレードSQLの実行</a>
     73    <ul>
     74    <li><a href="#section2-1-1">2-1-1. MySQL 4.1 以降 (5.x 含む) の場合</a></li>
     75    <li><a href="#section2-1-2">2-1-2. MySQL 4.0 の場合</a></li>
     76    </ul></li>
     77  <li><a href="#section2-2">2-2. ソースコードの設置</a></li>
    7078  <li><a href="#section2-3">2-3. 設定ファイルの変更</a></li>
    7179  </ul></li>
     
    7684<h2 id="section0">0. はじめに</h2>
    7785
    78 <p>この文書は、OpenPNE バージョン2.4.* から バージョン2.6へのアップグレード手順を書いたものです。</p>
     86<p>この文書は、OpenPNE バージョン2.6.x から バージョン2.8.x へのアップグレード手順を書いたものです。</p>
     87
     88<p class="caution">アップグレード作業を始める前に、データベースのバックアップを保存しておくことを強くおすすめします。</p>
    7989
    8090<h2 id="section1">1. 手順</h2>
     
    8393
    8494<ol>
    85 <li>コンバートSQLの実行</li>
    86 <li>ソースコードの置き換え</li>
     95<li>アップグレードSQLの実行</li>
     96<li>ソースコードの設置</li>
    8797<li>設定ファイルの変更</li>
    8898</ol>
     
    91101<h2 id="section2">2. 作業方法</h2>
    92102
    93 <h3 id="section2-1">2-1. コンバートSQLの実行</h3>
     103<h3 id="section2-1">2-1. アップグレードSQLの実行</h3>
    94104
    95 <p>
    96 <b>注意</b><br>
    97 PNEBIZ/PNEPOINTのテーブルを作成していなかった場合はこれらを作成するSQLを実行してください。<br>
    98 (これらの機能を使用しない場合でもテーブルは必須となります)<br>
    99 setup/sql/upgrade/pnebiz-mysql4*.sql及びsetup/sql/upgrade/pnepoint-mysql4*.sql<br>
    100 ご使用のMySQLにあったスクリプトを実行してください。<br>
     105<p>使用している MySQL のバージョンに合わせて、アップグレードSQLを実行します。</p>
     106
     107<h4 id="section2-1-1">2-1-1. MySQL 4.1 以降 (5.x 含む) の場合</h4>
     108
     109<ul>
     110<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql41/upgrade/upgrade-2.6to2.8.sql</li>
     111</ul>
     112
     113<div>
     114<em>[実行例]</em>
    101115<pre>
    102 $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; pnebiz-mysql4*.sql
    103 $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; pnepoint-mysql4*.sql
     116$ cd setup/sql/mysql41/upgrade/
     117$ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; upgrade-2.6to2.8.sql
    104118</pre>
     119</div>
     120
     121<h4 id="section2-1-2">2-1-2. MySQL 4.0 の場合</h4>
     122
     123<ul>
     124<li><var>OPENPNE_DIR</var>/setup/sql/mysql40/upgrade/upgrade-2.6to2.8.sql</li>
     125</ul>
     126
     127<div>
     128<em>[実行例]</em>
     129<pre>
     130$ cd setup/sql/mysql40/upgrade/
     131$ mysql -u username -p DBNAME &lt; upgrade-2.6to2.8.sql
     132</pre>
     133</div>
    105134
    106135
    107 その後バージョン2.6へのアップグレードスクリプトsetup/sql/upgrade/upgrade-2.4to2.6-mysql4*.sql を実行します。<br>
    108 <pre>
    109 $ mysql -u username -p --default-character-set=utf8 DBNAME &lt; upgrade-2.4to2.6-mysql4*.sql
    110 </pre>
     136<h3 id="section2-2">2-2. ソースコードの設置</h3>
     137
     138<p>Webサーバ上に OpenPNE 2.8 のソースファイルを設置します。</p>
     139
     140<p class="caution">
     141新旧ソースファイル混在によるトラブルを防ぐため、上書きではなくソースコード全てを交換してください。
     142交換後は、<var>OPENPNE_DIR</var>/var ディレクトリの書き込み権限を適切なもの(例: 777)に変更してください。
    111143</p>
    112144
     145<p>『<a href="./OpenPNE_Setup.html">OpenPNE セットアップガイド</a>』も参考にしてください。</p>
    113146
    114 <h3 id="section2-2">2-2. ソースコードの置き換え</h3>
    115 
    116 <p>サーバ上に OpenPNE 2.6 のソースファイルを設置します。<br>
    117 詳しくは、「<a href="./OpenPNE_Setup.html">OpenPNE セットアップガイド</a>」を参考にしてください。<br>
    118 ※新旧ソースファイル混在によるトラブルを防ぐため、上書きはせずソースコード全てを交換してください。<br>
    119 交換後はvarディレクトリの書き込み権限を適切なものに変更してください。<br>
    120 </p>
    121147
    122148<h3 id="section2-3">2-3. 設定ファイルの変更</h3>
    123149
    124 <p>OpenPNE 2.4 の設定ファイルを参考にして 2.6 用の設定ファイルを作成します。</p>
    125 
    126 <p class="caution">PHPの設定でセーフモードが有効な場合は、MAIL_SET_ENVFROM を false に設定してください。</p>
     150<p>OpenPNE 2.6 の設定ファイルを参考にして 2.8 用の設定ファイルを作成します。</p>
    127151
    128152
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.