http://sns.openpne.jp/img.php?filename=c179_1147162582.png&w=180&h=180&m=pc&dummy=m.png

国際化プロジェクト

OpenPNEの国際化を目指すプロジェクトです。

Infomation

OpenPNE3 国際化プロジェクトのページを作成しました → pne-openpne3/i18n/

Internationalization Project page.

If you're looking for info on how to use/setup/configure PNE in non-japanese, this is a good starting point.

OpenPNEを世界のタテマエに浸透させるために、OpenPNEを日本語環境以外でも利用出来るようにするためのプロジェクトです。

Resources

Mailing list for openPNE I18N project, sign-up here + introduce yourself please! http://ml.pne.jp/mailman/listinfo/kokusaika

English instructions for setting up openPNE are here: http://dcook.org/articles/openpne_tutorial.html

Status

OpenPNE is currently heavily focused on japanese, but an internationalisation project is underway.

There are two chunks of work in progress. Please let us know if you can help by announcing on the mailing list.

1) converting templates to use tags

The smarty templates used by openPNE currently have japanese text inside the template. These words need to be replaced with tags. eg: 友達リスト -> replace with {#friendsList#} The template files are the .tpl files, and can be found in your PNE installation in

  • webapp/modules/pc/templates
  • webapp/modules/ktai/templates

Since these files are part of the source code, you'll have to edit them locally and for now send them into someone who has "commit privileges" to add back to the main openPNE build.

2) translation of tags

We then need to provide "lookup tables" for these tags, in your different languages. We need to make a separate file for each language. We decided to use the wiki for this, so everyone can edit and add to the ilst easily, then just copy the page down and save as a text file. These files will go somewhere like

  • webapp/lang/en/config.php
  • webapp/lang/ja/config.php

these are smarty "configuration files". eg

[en]
friendsList=Friends List

[jp]
friendsList=友達リスト

This work has just started, so please join in and we can get it done quickly!

If you don't see your language here, click below to "edit this page" and add a new link!

related core development: ticket language template tags

プロジェクトロードマップ

※もっと良い案があったらWikiに追記してください

(1) いきなりgettextなどを利用した国際化バージョンを作り、その中でenglish versionを用意する。 ---これが理想的だが、この実現のためにはまず解決すべき課題を綿密に検討する必要がある

(2) 英語版ブランチを作成して、英語版OpenPNE(OpenPNE_english)をリリースする。 当面通常のOpenPNEとOpenPNE_englishは平行リリースする。

英語版開発体制が完了した後にi18nブランチを作成して、国際化OpenPNEを作成する。 これも当面通常のOpenPNEと平行リリースする。

国際化OpenPNEが十分に安定した段階でOpenPNE本線と国際化OpenPNEをマージする。

先に英語でのOpenPNEの普及を図り、そこでフィードバック、開発者を募ってその後の国際化への足がかりとする。--> 現実的、「急がば回れ」か?

いずれの場合も当初はPC版のみで(携帯は無視)実装。

プロジェクト課題

英語化時の課題

1.当初カニチィ方式で英語版を作成する。

2.OpenPNE本体を修正しなければならないところをフォローする (※招待メールの送付、インフォメーション欄の多言語タグなど)

  • 言語メンテナンス体制
    • メール文言
    • テンプレート文言
    • スキン
    • 利用規約

多言語ドキュメンテーション

サポートWEBサイト

国際化時の課題

メンテナンス体制

ドキュメンテーション

サポートWEBサイト

パフォーマンス

国際化完了時の課題

OpenPNEプロジェクトスタッフの国際化

英語化

Todo

  • 辞書作成(日本語メッセージの英訳)

実例

英語でのOpenPNE実装例

実装方法

Smartyのテンプレートに直接書き込む

国際化

Todo

  • OpenPNE(プログラム、Smartyテンプレート)へのgettextの実装

必要な議論

  • ベースとなるOpenPNEのバージョンをどうするか
  • gettextを使った場合にどのような課題が考えられるか。
    • gettextだけで実装可能な部分
    • gettextだけでは実装不可能な部分 --> e.g. お知らせ:OpenPNE本体の改造が必要