http://sc.pne.jp/100/200802020032.png

OpenPNEサーバ管理者

本WikiにはOpenPNEサーバ運用に関する、概要説明や仕様などの確定した情報を記載 しています。



概要

OpenPNEサーバ運用コミュニティで議論された仕様を紹介します。

関連コミュニティ=>OpenPNEサーバ運用

とにかくチューニング!

  • 変更頻度の低い項目(管理画面設定値)をmemcached等にキャッシュ保存

OpenPNEの動作確認済み環境

確認環境設置招待書き込みメール投稿画像
Apache1.3.37、PHP5.2.4、MySQL5.1.22-rcOK
Apache1.3.39、PHP4.4.6、MySQL4.0.27-logOKOKOK

pne-sysadmin-note#OpenPNEの動作確認済み環境

OpenPNEの運用に適したサーバは?

  • mbstring
  • cron
  • メールサーバ支配出来る
  • ssh使える
  • MySQL4.1以上である
  • eAccelerator導入できる

OpenPNEを速くするには?

pne-sysadmin-note#OpenPNEを速くするには?

プロジェクトチケット

component=pne-sysadmin&resolution=|

未完了のプロジェクトチケット

#157
データの暗号化をMySQLに任せる
#509
エントリーポイントを増やしても性能劣化が起きない設計にする
#561
ichioku.pne.jpに負荷をかける仕組みを考える
#597
単一REQUEST=>RESPONSEシーケンス内で関数の結果をキャッシュする仕組みを作る。
#599
各画面にphpの実行時間を表示
#614
CentOS5のセットアップをしてOpenPNEを設置してみる。
#875
負荷シナリオ JMeterでの稼動確認
#1056
→ookura ADODB版OpenPNEの負荷を測定する
#1132
SNSオーナーによる変更が出来ないプロフィール項目を作りたい

ボトルネックを発見する

  • 検証用のテスト環境を準備
  • JMeterによる限界性能テスト環境を準備
  • ボトルネックの検証
  • ボトルネックを本Wikiに掲載する

レンタルサーバ評価

  • さくらインターネット共用サーバ
  • ラピッドサイトVPS
  • カゴヤインターネットVPS
  • Web Arena PRO