wiki:pne-sysadmin
 ここの情報は古いです。ご理解頂いた上でお取り扱いください。

Version 8 (modified by tejimaa, 12 years ago) (diff)

--

OpenPNEサーバ運用

OpenPNEサーバ運用コミュニティで議論された仕様を紹介します。

http://openpne.jp/img.php?filename=c_141_1169207181.jpg&w=180&h=180&m=pc&dummy=x.png OpenPNEサーバ運用

とにかくチューニング!

  • 変更頻度の低い項目(管理画面設定値)をmemcached等にキャッシュ保存

プロジェクトチケット

keywords=pne-sysadmin

No results

転送量の削減

PCスタイルシートの分離配送

PC版のHTML内に埋め込まれているスタイルシートは分離配送が可能なので、分離してキャッシュを効かせる。これで転送量を減らす。

<style type="text/css">
<!--
/*枠線要素*/
.border_00 { border: #F7F7F7 1px solid ; }

で始まる部分を分離

ktaiキャッシュを効かせる

携帯のキャッシュをHTTPレベルで効かせることで、ページ遷移ごとの読み込み(特に「戻る」の場合)時のデータ転送量を削減する。

DB接続ライブラリ選定

OpenPNEをスピードアップさせるために、DBの接続ライブラリを現在のPear:DBから変更する。

  • ADODB
  • PDO(最速でOpenPNE2.12以降で対応を検討)

SQLキャッシュ

MySQLのクエリーキャッシュを使わずに、PHPのレベルでSQLキャッシュをかけて、負荷を軽減する。

現状ではADODBに組み込まれている、キャッシュ機構を取り込んでいく予定。

単一リクエスト・レスポンス内のSQLキャッシュ

c_memberデータなど、単一のリクエストレスポンス内で行うSQLキャッシュ

単一リクエストを超える特定時間のSQLキャッシュ

c_snsconfig等比較的長期間キャッシュを保持して良いデータに対するSQLキャッシュ